高層ビルの制振装置を木造住宅へ。 高層ビルの制振装置を木造住宅へ。

耐震性能

02 性能耐震性能

ここがポイント!

「制震テープ」で、大地震時、最大80%揺れを低減します。

実物大実験のデータ解説

「制震テープ」は、高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体を木造住宅用として両面テープ状に加工したもので、110年間以上の高い耐久性を有しています。厚さ1mmの制震テープをズレる部位に挟むことによって、粘弾性体がグニュグニュ揉まれることで振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、住宅の揺れを軽減させます。

実物大実験のデータ解説
地震の横揺れ!台風の横風!
日本の建築は、横からの圧力に弱いんです。

1自然災害に耐えうる耐震設計

地震時の住宅のイメージ
地震時の住宅のイメージ
地震時の住宅のイメージ

我が国の建築物の構造性能は、建築基準法に大きく依存しており、建築物は地震、風、雪等の自然にさらされています。建築基準法はそれらによる加重・外力に対して倒壊しない、損傷をうけないといった構造的な性能の最低限度を定めています。建築基準法に従えば、相当な安全性は確保されているが、どんな大きな地震や風などにたいしても絶対安全であるという保証はありません。たとえば、地震力は建物の重さに比例した水平力がかかります。軸組み構造の耐震設計のポイントは柱の引き抜き防止です。そこで君津住宅ではホールダウンアンカー等、必要引き抜き強度以上を標準装備。また、耐風設計では風を受ける外壁面積が重要です。風の強い千葉県では地域の風圧力条件に合わせた耐風設計で安心の強度を確保しています。

2外壁下地材選びにこだわりを

※ユークリッド標準仕様
  • 家族を守る
    耐震
  • 強度に優れ、地震に強い構造の住まいが実現できます。

    従来工法では換気できない床下の入り組んだ、コーナーの隅々まで湿気を残さず排除し、乾燥した理想的な床下環境をつくります。風力換気と重力換気を活かした自然換気方法なのでメンテナンスの心配はありません。

  • 資源を守る
    ECO
  • 廃材や間伐材を原料にしています。

    アセダス・耐震ボードは、古くなった家を解体して生じた廃木材や間伐林からの木材チップを原料に製造しています。
    イメージ画像イメージ画像

  • 住まいを守る
    長持ち
  • 湿気による壁内部の結露を抑え、躯体の劣化を防ぎます。

    私たちの暮らしの中では、炊事や家事などにより水蒸気が発生します。この水分が大切な柱や土台といった構造躯体を腐らせる原因となります。アセダス・耐震ボードは、木の繊維が絡み合った無数の微細な孔によって、透湿性能が従来の構造用合板の約4倍に向上。内部の湿気を室外に排出しますので、結露を抑えます。

PageTop