COLUMN
コラム

NEW

規格住宅

間取り

安くておしゃれな規格住宅という選択肢|千葉の平屋・二階建てプラン例

シンプルな平屋の外観

このページにたどり着いた方は、「規格住宅って何?」というギモンをきっかけに調べているのではないでしょうか?

あまり目や耳にする機会が少ない言葉ですから、注文住宅・建売住宅と何が違うのか?品質は問題無いのか?などさまざまなギモンがありますよね。

今回は規格住宅について、メリットやデメリットなどの情報、実際のプラン例と価格例なども交えながら詳しく見ていきましょう。

価格と品質のバランスが取れた、リーズナブルな住まいづくりを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■そもそも規格住宅とはどんな家?
■規格住宅のメリット
■規格住宅のデメリット
■規格住宅のプランと価格例
■規格住宅のチェックポイント
■結論:規格住宅はどんな人におすすめ?


 

■そもそも規格住宅とはどんな家?

規格住宅のスキップフロア

規格住宅は、あらかじめ決められた複数の間取りプランから選ぶ住まいづくりの方式です。契約してから着工する点は注文住宅と同じですが、プランがあらかじめ決まっているところが大きな違いです。

価格と住みやすさのバランスが良く、最近は扱うハウスメーカーが増えたこともあり目にする機会も多くなりました。

 

・建売/注文住宅との違い

規格住宅は建売住宅・注文住宅の中間的な特徴を持っています。

 

建売住宅 規格住宅 注文住宅
予算相場 低め 中間 高め
プランの自由度 なし 複数プランから選択

※オプション選択できる場合もあり

自由に決められる
工期 すぐ入居できる 短め 長め

 

この表はあくまで目安ですが、建売と注文住宅どちらもマッチしない方にとって、良い選択肢となる可能性があります。どの選択肢もメリット・デメリットがあるため絶対の正解はありませんが、規格住宅も一つの可能性としてしっかり吟味しましょう。

 

■規格住宅のメリット

規格住宅のリビング

まずは規格住宅のメリットについて一つずつ見ていきましょう。

 

・コストを抑えられる

あらかじめ用意されたプランから間取りを選ぶ規格住宅は、最初に費用が分かるので予算オーバーがなくコストを抑えられるのが大きなメリットです。

プランが自由な注文住宅の場合、間取りやデザインを進めるうちに希望が膨らみ、最終的に予算オーバーでプランを削るというのが良くあるパターン。

規格が決まっていて材料の仕入れや工事も効率化できる点も、コストダウンにつながります。無理なコストダウンではないため、品質が落ちる心配がないのも安心ですね。

 

・プランを考える手間が少ない

規格住宅は間取りやデザインを自分で細かく決める必要がないため、プラン決めにかかる時間や負担が少ないのも人によってはメリットになります。

注文住宅の自由な家づくりは楽しい反面、考える負担も大きく後半疲れてしまう方も少なくありません。何もない真っ白なキャンバス状態から間取りを考えていくのは、意外と大変なものです。

住まいづくりのプロが考えた規格住宅の間取りなら、「自分たちに合うかどうか?」という視点だけチェックすればOK。気に入った間取りを見つけることができれば、すぐに着工することができます。

 

・工期が短い

パターンが絞られている規格住宅は、工事手順を効率化して工期短縮しやすいのも特徴です。建て始めてから完成までの期間が短くなると、引っ越し期日を早めに設定できるのが大きなメリット。いまのお住まいの家賃も節約できますし、転勤やお子さんの進学などのタイミングに合わせたいときも助かりますね。

建築期間が短いと近隣への負担も減りますので、引っ越した後の関係性構築がスムーズなのも大きいです。

 

・完成イメージをつくりやすい

規格住宅の間取りやプランは調整の必要がないため、計画中と完成後のイメージのズレを防ぎやすいのも魅力ポイント♪

注文住宅ではプランを変更するたびに3Dパースや図面も変わりますので、毎回イメージを再構築しなければいけません。こだわるほど変更回数も多くなりますので、行き違いによるイメージのズレが発生する可能性も高くなります。

規格住宅の場合、あらかじめイメージしやすいパースや模型などが用意されていることが多いです。途中の変更もないので、建てたあと「しまった!」と後悔するパターンも少ないでしょう。

 

■規格住宅のデメリット

規格住宅の外観

メリットや魅力たくさんの規格住宅ですが、当然デメリットも存在します。しっかり把握し、後悔のない選択肢を選べるようにしましょう。

 

・細かいオーダーができない

決められたプランがあるのはメリットも大きい反面、細かくカスタマイズできないというデメリットにもなり得ます。規格住宅は外壁や内装のカラーを選べますが、壁やドアの位置など間取りは変更できません。キッチンやユニットバスなどの設備品も、基本プラン以外の物は選べないことが多いです。

特に細かいこだわりがある方は、規格住宅のプランの中にしっくりくる間取りを見つけられないケースも考えられます。オリジナリティの高いデザインや間取りをつくりたい方も、規格住宅では難しいかもしれません。

 

・土地に合わないケースがある

相続などですでに所有している土地の場合、規格住宅だと法規制や土地の形状に合わず建てられないケースもあります。

特に狭小地や旗竿地など特殊な形状の土地の場合、一般的な規格住宅のプランだと対応できないことが多いです。土地の形がクリアできても、建ぺい率や容積率で引っかかるケースも。

 

■規格住宅のチェックポイント

規格住宅のプランイメージ

はじめて規格住宅を選ぶ際は、以下のポイントに注目してみましょう。

 

・プランの数

間取りはなるべく多くの選択肢から選んだ方が、後悔や失敗の可能性が少なくなります。プランの質も重要ですが、できるだけ数が多い方が良いでしょう。

 

・デザインの好みとバリエーション

会社ごとにデザインのコンセプトは変わってきますので、好みに合うかどうかも要チェックポイントです。内装や外観のデザインやカラーを選択できる場合、バリエーションの豊富さもチェックしておきましょう。

 

・設備仕様

キッチン・ユニットバス・洗面台・トイレなどの水回り設備は、暮らしやすさに直結するポイント。使いやすくおしゃれなデザインの物かどうか、しっかりチェックしましょう。

 

・オプションの種類

規格住宅によっては、間取りや設備変更のオプションを設けているケースもあります。プランのカスタマイズ性があるとライフスタイルにマッチさせやすいので、どんなオプションがあるかも確認してください。

 

■結論:規格住宅はどんな人におすすめ?

 

・細かいこだわりはないが暮らしやすい家が欲しい人

暮らしやすさは重要でデザインや間取りの細かいこだわりはない方には、規格住宅がマッチするケースが多いです。

規格住宅のプランはプロのプランナーが家族構成ごとに考えた間取りなので、暮らしやすさについての心配はありません。デザインについても、住宅業界のトレンドを採り入れているので問題ないでしょう。

「気に入った建売住宅が見つからないが注文住宅を建てるほどではない」という方も、間を取った選択肢として規格住宅を検討してみてください。

 

・引っ越し期限が決まっている人

検討期間・工事期間を短縮できる規格住宅は、進学や転勤などで引っ越し日が決まっている方にもおすすめできます。

パターンが決まっていて検討から完成までの期間を予測しやすいため、期日から逆算して打ち合わせを進められるのも向いているポイント。

 

・住宅ローンの負担を抑えたい人

住まいの快適性やデザインは重要ですが、毎月の住宅ローン返済額もしっかり考えるべきポイントです。効率的な住まいづくりでコストを抑えられる規格住宅は、毎月のローン返済額を抑えたい方に向いています。

せっかく素敵なマイホームを手に入れても、ギリギリのローン計画を立ててしまうと生活を楽しめません。これからお金がかかる子育て世代の方も、価格と品質のバランスが取れた規格住宅を検討してみてください。

 

■規格住宅のプランと価格例

最後に少しだけ、私たち君津住宅の規格住宅プランをご紹介します。平屋・二階建てそれぞれ1パターンずつ紹介しますので、価格相場の目安にしていただければ幸いです。

 


・二階建て:1320万円~

4LDK規格住宅の間取り

4LDKもカバーする36種類の間取りパターンを、基本価格1320万円にまとめました。廊下を極力減らしたリビング階段など効率的な間取りを採用し、各部屋のクローゼットをしっかり確保。

 

規格住宅の外観イメージ

外観はシンプルモダンの上品なテイストにまとめ、ローコストに見えないよう工夫しています。流行に左右されず、市街地から郊外エリアまで幅広く対応できる外観です。

 

 

sielista dice

 

 

 


・平屋:823万円~

1LDK平屋の規格住宅間取り図

近年人気が高まっている平屋住宅の規格プランを、ライフスタイルに合わせて823万円からご用意しました。こちらはご夫婦2人暮らしにピッタリな1LDKのシンプルな間取りプランです。

 

 

3LDK平屋の規格住宅間取り図

こちらはお子さま2人の4人家族まで暮らせる3LDKプランです。1400万円台のリーズナブルなプランなら、相場が高い平屋も検討しやすいですね。

 

平屋規格住宅のイメージ

外観はオレンジ・グリーン・ブラウンの3パターン、内装も4パターンからお選びいただけます。

 

はちみつハウス

 

 

■まとめ:コストパフォーマンスを重視するなら規格住宅も検討

建売と注文住宅の中間的な特徴を持つ規格住宅は、価格と品質、住みやすさのバランスを取りやすい選択肢です。コストパフォーマンスの高い住まいづくりを目指すなら、ぜひ選択肢の一つとして検討してみてください。

私たち君津住宅は分譲建売住宅、注文住宅、規格住宅すべてを扱う千葉県のハウスメーカーです。お客様のご予算やライフスタイルに合わせて最適なプランをご提案できますので、ぜひお気軽にご相談ください。

どの住宅も扱っているからこその公平な目線で、お客様のご相談にお応えします。住まいづくりのどんな疑問・お悩みもお気軽にどうぞ♪

【ABOUT US】

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!