COLUMN
コラム

NEW

注文住宅

おしゃれな木目調キッチンの実例集|後悔しないデザインのコツも解説

カントリー調のカウンターキッチン

毎日使うキッチンは、「気分が上がるようなおしゃれなデザインにしたい」という方も多いでしょう。

さまざまなデザインの選択肢がある中でも、どのようなテイストにもナチュラルに溶け込む、おしゃれなキッチンが実現できるのが「木目調」のデザイン。

今回は、木目調のキッチンを検討中の方に向けて、おしゃれな木目調キッチンの実例紹介や、後悔しないためのデザインのコツなどを解説します。

こちらのコラムを通して、理想のキッチンに仕上げるためのポイントを知り、お好みの木目調デザインを見つけてみてくださいね。

 

 

木目調キッチンとは?

南欧風のカウンターキッチン

木目調キッチンとは、木目調(木目模様を表現したデザイン)を取り入れたキッチンのこと。

主にキッチンカウンター下や背面に設けた収納棚の扉、キッチンカウンターの腰壁や表面などに木目調デザインを施したキッチンが、木目調キッチンと言えるでしょう。

キッチンの至るところに木目調を取り入れるのではなく、内装の雰囲気に合わせてキッチンの一部分のみ木目調デザインにする場合が一般的です。

また、「木目調」と一言で言っても、色味や木目模様には実にさまざまな種類があるため、どのようなキッチンに見せたいかによって好みのデザインを選んでみましょう。

 

木目調デザインの種類

続いては、木目調デザインにする際に、どのような素材や色味の選択肢があるのかを見てみましょう。

 

・素材の種類

木目調デザインにするには、本物の自然木を使用した無垢材や、木目調デザインのシートを使用するなどの方法があります。

無垢材を用いたキッチンは、木のぬくもりがより感じられる温かみのある雰囲気に見せることができます。一方で、無垢材は生きた木を使用しているため、経年劣化がみられたり、汚れや水に弱いといったデメリットも。一方で、耐久性が高く、細かなデザインにも対応できるのが、木目調シートを使用する方法です。

素材以外にも「表面仕上げ」にもいくつかの種類があり、鏡面仕上げでツルツルとした印象に見せたり、木の質感を活かしてマットな印象に見せたりすることもできます。

 

・色の種類

「木目調=ブラウン」とイメージする方が多いかと思いますが、「ブラウン」にもさまざま明度や色味があります。ホワイトオークやナラなどの白っぽい色味や、ウォールナットのような焦げ茶色、ほかにも赤味の強いブラウンなどがあります。

一般的には、濃い色味を選ぶと高級感・重厚感のある印象に、明るい色味だとエレガントな印象になります。

 

木目調キッチンの魅力

家事動線の良い対面キッチン

ここからは、木目調キッチンの魅力について見ていきましょう。

 

・木の温かみと高級感が演出できる

木目調キッチンは、ナチュラルさと高級感を同時に叶えることができるのが、魅力の一つ。

木の温かみが感じられる、居心地の良い癒しの空間づくりができると同時に、木目調の美しいデザインが、ワンランクアップした高級感のあるキッチンに見せてくれる効果が。

木目調デザインは、自然の中に実在する模様や色味を取り入れているため、おしゃれな空間をつくりながらも派手な印象になりすぎず、ナチュラルに空間に溶け込んでくれます。

 

・デザイン性が高い

素材や色選びの選択肢が豊富にあるため、デザイン性が高いのも、木目調ならではのメリット。

機能性や見せたい印象に合わせて、好みの材質や色味を自由に選ぶことができます。「デザインに対するこだわりが強い」という人でも、理想に合ったデザインを叶えることができるでしょう。

 

・どのようなテイストにも合わせやすい

デザインの選択肢が多いことから、どのようなテイストの家にも合わせやすいのが木目調デザイン。

「木目調を取り入れるなら、ナチュラルやカントリー調の家にしか合わないのでは?」と思ってしまいがちですが、どのようなデザインをキッチンのどの範囲に取り入れるかによって、モダンやスタイリッシュな雰囲気にも合わせることができます。

たとえば、自然な雰囲気よりも洗練された印象に近づけたい場合は、タイル素材と鏡面仕上げの木目調デザインを両方取り入れることで、よりモダンでかっこいいキッチンに見せることもできます。

【参考コラム】

・【令和版】注文住宅のキッチンづくりのコツ|千葉の新築間取り事例を紹介

・使い勝手の良い対面キッチンにしたい!収納アイデアや収納実例を紹介

 

おしゃれな木目調キッチンの実例集

こちらでは、さまざまな木目調デザインを取り入れたキッチンをご紹介します。ぜひお好みのデザインを見つけてみてくださいね。

・カントリー調のキッチン

様々な高さのあるキッチン

こちらは自然木を使用した、重厚感と落ち着きを感じるカントリー調のキッチン。濃い色味の木目調デザインに合うように、レンジフードはブラックを選びました。

カントリー調リビング階段の間取り

【この家の実例写真を見る】

キッチンカウンターの前面は、リビングの壁紙に合わせてヘリンボーン柄に。

・異素材を組み合わせたモダンキッチン

モダンな家のLDK

白と明るい木目調の色味を基調とした、爽やかなモダンキッチンです。

モダンな家のカウンターキッチン

無垢材をふんだんに取り入れ、背面の壁には白タイルでアクセントに。カウンターの上に吊り下がっているペンダントライトも、とってもおしゃれです。

モダンな家のLDK

【この家の実例写真を見る】

キッチンの内側は、水や汚れに強い鏡面仕上げに。

 

・グレイッシュでまとめたエレガントなキッチン

家事導線が良いカウンターキッチン

【この家の実例写真を見る】

こちらは、グレイッシュブラウンの木目調を取り入れたキッチン。明るく落ち着いた色味でまとめ、エレガントな雰囲気に仕上がりました。

 

後悔しないためのデザイン選びのコツ

最後に、後悔のない理想のキッチンに近づけるための「デザイン選びのコツ」を3つご紹介します。

 

・統一感を意識する

違和感なくおしゃれに見せるためにもっとも重要なのは、「統一感」。

シック、エレガント、モダンなど、家全体のテイストに合った木目調デザインを選ぶようにしましょう。また、木目調の部分だけなく、キッチン内部のレンジフードやコンロ、シンク、照明器具などのデザインも含め、全体のバランスを考慮してデザイン選びをするのがおすすめ。

 

・機能性も考慮する

見た目のデザイン性に意識が向きがちですが、使い勝手の良いキッチンにするには、機能性も考慮しておきたいところ。

無垢材の木目調デザインにする際には、汚れがつきにくくなるようにコーティングをしたり、汚れの目立ちにくさを優先する場合は、木目調の色は濃いめのものを選ぶと良いでしょう。

 

・色選びは慎重に

木目調の色選びは、キッチン全体の雰囲気を大きく左右する要素になるため、慎重に行いましょう。

カラーサンプルなど、小さい面積で色味を確認するだけだと、実際にキッチンが出来上がったときに「思っていた色味と違った・・」ということも。

色を選ぶ際は、できる限り大きな面積で色味を確認するようにしましょう。

 

木目調のおしゃれな注文住宅を建てるなら、「君津住宅」へ

いかがでしたか。こちらのコラムでは、木目調キッチンの魅力や実例、デザイン選びのコツなどをまとめて解説しました。

おしゃれな木目調デザインを取り入れた家をお考えなら、千葉県のハウスメーカー「君津住宅」にご相談ください。君津住宅では、木目調デザインを取り入れた住宅の実績が多数ございます。

地元密着ハウスメーカーだからできるきめ細かいサービスと幅広いラインナップで、お客様に合った理想の住まいづくりにお応えいたします。

木更津・鎌取の二か所には外観と間取りを体感できるモデルハウスもございますので、ぜひお気軽に活用ください。

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

オンライン相談もご用意しています。土地探し・資金計画をはじめ、家づくりのどんなこともお気軽にお声かけください。

WEBで家づくりのご相談も承っております。↓

WEBで家づくりの相談

 

 

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!