COLUMN
コラム

NEW

注文住宅

カントリーハウスのような内装にしたい!特徴や素材・家具選びのコツ

アーリーアメリカンの外観

海外の田舎を思わせるような、ナチュラルで素朴な雰囲気をもつカントリーハウスは「マイホームは自然を感じられるような、癒される空間にしたい」という方に人気のスタイル。

こちらのコラムでは、カントリーハウスの内装の特徴を解説し、おしゃれなカントリーハウスにするための素材や家具選びのコツを実例写真とともにご紹介します。

「カントリーハウスに興味があるけれど、具体的にどのように家づくりを進めていいか分からない」という方は、ぜひ参考にご一読ください。

 

 

■カントリーハウスとは?

アーリーアメリカンスタイルの外観

カントリーハウスとは、そのまま日本語に訳すと「田舎の家」となりますが、さらに詳しくいうと「イギリスの貴族が別荘地として農村に建てた邸宅」のことを指しています。

カントリーハウスは、主に16世紀から1900年代の初めまでに貴族によって建てられたイギリスの田舎の邸宅で、第二次世界大戦を経てその多くが壊されてしまいましたが、現在でも数千棟あまりが残っているとされています。

もともとはイギリスの農村邸宅を指す言葉でしたが、現在では「アメリカンカントリー」や「フレンチカントリー」など、さまざまな地域のスタイルの家が建てられるようになりました。

 

■カントリーハウスのスタイル3つ

こちらでは、カントリーハウスの代表的な3つのスタイル「アメリカンカントリー」「フレンチカントリー」「ブリティッシュカントリー」の特徴について、それぞれ解説します。

 

・アメリカンカントリー

日本人にもっとも親しまれているのが、アメリカンカントリーの家。アメリカンカントリーは、アメリカが独立する以前のイギリス植民地時代に流行したスタイルを取り入れた家で、「アーリーアメリカンスタイル」などとも呼ばれています。

古き良きアメリカを思わせる、素朴ながらも独特な風合いを感じられるのが特徴。

 

・フレンチカントリー

フレンチカントリーは、フランスの田舎を思わせる雰囲気で、自然素材がふんだんに使われているのが特徴です。

外観は漆喰の真っ白な塗り壁とオレンジの瓦屋根、内装には無垢材の床が使われているなど、自然のぬくもりを感じる空間に仕上がっています。

 

・ブリティッシュカントリー

ブリティッシュカントリーは、カントリーハウスのもとになった「イギリスの田舎に建てられた邸宅」をモチーフにした家。

直線を意識した家具や濃い茶色の木材を取り入れた、重厚感のある雰囲気が特徴です。

<参考コラム>カントリー風の家を国産の注文住宅で建てるメリット|千葉の注文住宅実例

 

■カントリーハウスの内装の特徴

リビング階段のあるLDK

カントリーハウスの家に仕上げるには、4つのポイントを意識した内障にしてみましょう。

 

・ナチュラル×素朴な癒し空間

海外の田舎を連想させるような「ナチュラルで素朴な雰囲気」を意識して、内装を仕上げるようにしましょう。

そのため、カラフルな色を使うのは極力避けて、木の色味をそのまま生かしたり自然に溶け込む優しい色味をチョイスするのがおすすめ。

 

・古風でレトロな雰囲気も

古風でどこか懐かしさを感じるような、レトロな雰囲気を作り出すのもポイント。

アンティーク調のインテリアや絨毯などをアクセントとして取り入れて、ナチュラルさの中にレトロ感もプラスしてみましょう。

 

・自然素材たっぷり

カントリーハウスにするには、自然素材をたっぷりと使うのがマスト。自然素材に囲まれた内装は、木のぬくもりを感じられる癒しの空間にしてくれます。

自然素材の家は耐久性が高く、調湿性や消臭効果など自然が本来もち合わせている機能を享受できるといったメリットも。

 

・おしゃれな照明がアクセント

シンプルな空間づくりを目指しつつ、グッとおしゃれな内装に近づけるためには「照明器具」選びがポイント。

レトロな雰囲気のおしゃれな照明器具をチョイスして、内装全体のアクセントにしてみましょう。また、蛍光灯は青白っぽい色よりも、温かみの感じるオレンジの色味にするとカントリー調の雰囲気によく合います。

 

■カントリーハウスに近づける素材選びのコツ

続いては、カントリーハウスに近づけるための素材選びのポイントを3つ解説します。

 

・無垢材のフローリング

モダンな家のLDK

フローリングは、木を切って貼り合わせてつくられた人工的な合板材ではなく、自然木をそのままくり抜いてつくられた無垢材を選びましょう。

また、部屋全体の雰囲気を左右する「無垢材の木の色味」も慎重に選ぶようにしましょう。白っぽい色なら明るい部屋のフレンチカントリー風に、ダークな色にすればブリティッシュカントリー風の重厚感あふれる空間に仕上がります。

 

・木目天井や板張り天井

木目天井がおしゃれなキッチン

内装をよりおしゃれに個性的に見せたいなら、木目天井や板張り天井にするのもおすすめ。

天井に木のデザインを施すと一気に自然の世界観に引き込まれるように、ガラッと雰囲気が変わります。木目クロスの天井は価格が抑えらえるメリットがある一方で、板張り天井は自然素材をそのまま取り入れたデザインのため、より高級感が感じられます。

 

・レンガやタイルでアクセントに

アーリーアメリカンスタイルのタイルが可愛いカウンターキッチン

洗面台やキッチンなどにタイルやレンガなどを取り入れると、内装全体のアクセントになっておすすめ。

ベーシックなカラーを中心に内装をまとめていますが、水回りなどにカラフルなモザイクタイルでさりげなく装飾すると、シャビーなおしゃれ感が出ます。

 

■カントリーハウスに近づける家具選びのコツ

最後に、カントリーハウス風に仕上げるための家具選びのポイントを3つ紹介します。

 

・木製のものをチョイス

アーリーアメリカンスタイルの食卓

リビング・ダイニングのテーブルや椅子は、木製のものを積極的に取り入れるようにしましょう。自然素材をふんだんに使ったカントリーハウスのテイストに自然に溶け込み、部屋全体に統一感が生まれます。

また上記の写真のように、アメリカンカントリーハウスにはヴィンテージ感のあるソファなどもよく似合います。

 

・アイアン製でアクセントに

アーリーアメリカンスタイルの家の玄関

ドアや収納棚の取っ手、照明器具などにアイアン製のものを取り入れると、一気にレトロな雰囲気に。アイアンの装飾は、木材の色味ともよくマッチするのでおすすめです。

 

・ハンドメイドも相性◎

吹き抜けLDK実例

ナチュラルで素朴な雰囲気のカントリーハウスによく合うのは、ハンドメイドのインテリア雑貨。ドライフラワーやタペストリーなどのハンドメイド雑貨で、おしゃれで可愛らしい雰囲気をプラスしてみましょう。

 

■カントリーハウスを建てるなら【君津住宅】へ

カントリーハウスやアーリーアメリカンテイストの家をご検討中の方は、千葉県のハウスメーカー「君津住宅」にご相談ください。

地元密着ハウスメーカーだからできるきめ細かいサービスと幅広いラインナップで、お客様に合った理想の住まいづくりにお応えいたします。

木更津・鎌取の二か所には外観と間取りを体感できるモデルハウスもございますので、ぜひお気軽に活用ください。

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

オンライン相談もご用意しています。土地探し・資金計画をはじめ、家づくりのどんなこともお気軽にお声かけください。

WEBで家づくりのご相談も承っております。↓

WEBで家づくりの相談

 

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!