COLUMN
コラム

NEW

注文住宅

注文住宅の内装・こだわりの家に住みたい!場所やポイント・注意する点とは

鎌取タイル張りのカリフォルニアスタイルのお家

みなさんはこだわりの詰まった家に住みたいと考えたことはありませんか。

自分や家族の希望やこだわりのある家は、住んでて手も居心地がよく毎日、家に帰るのも楽しくなりそうですよね。

そんなこだわりの詰まった住宅にするには内装のどこにこだわれば良いのだろう、こだわりのある家にするためのポイントはあるのかなどお悩みのある方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、注文住宅の内装についてこだわりたい場所やこだわりの家にするポイント、注意点などをお伝えしていきます。

これから、注文住宅を建てたいとお考えの方やこだわりの家を将来考えている、興味のある方などはぜひ、参考にしてみてください。

注文住宅・内装のこだわりたい場所

シェリスタの屋上テラス

自分たちのこだわりを詰め込んだ注文住宅の内装でこだわりたい場所とは、いったいどんな場所なのでしょうか。

ちょっとしたこだわりや工夫を取り入れることで、ほかにはないオリジナルの住宅になります。

 

ガレージ

住宅にガレージを取り入れることで、車やバイクなどを雨風をしのげるだけでなく作業場や色々な物を置いて置ける倉庫として便利に使用することができます。

また、ビルトインガレージは屋内にガレージがあるため趣味の車やバイクをいつでも好きな時にガレージに行ったり様子をみたりすることが可能です。自分だけのお気に入りの場所としてガレージを設けるという方も多いでしょう。

 

吹き抜け

吹き抜けは、玄関やリビングなどに設けると家全体が広々とした空間になります。

住宅のイメージや希望に合わせた吹き抜けを造りインテリアや小物などにもこだわりを入れることで自分たちだけの吹き抜け空間が完成します。

 

ロフト

ロフトは、無駄な空間を作らずにプライベート空間にもなるためおすすめです。たとえば、勉強するためのスペースや書斎スペース、子供が遊ぶ場所、収納スペースなどにも活用できます。

 

屋上

屋上を設けることで、家族がリラックスできる空間や友人たちと集まれる空間、運動やガーデニングなど趣味を楽しむ空間としても使用することができます。

近隣の住宅の視界をシャットアウトできたり、海や山などの景色を楽しんだりとこだわりのプライベート空間としてあると便利です。

 

和室

日本人に昔から親しまれている「和室」は、家の中に一室あるだけで安心して心が落ちつく場所でしょう。

また、客室や趣味の場所などとして使用することができます。

純和風の家にはもちろん、洋風の家にも和室は相性抜群です。スタイリッシュでモダンなデザインの和室を設ければおしゃれでこだわりのある和室を実現できます。

 

【注文住宅・内装】こだわりの家にするポイント

シェリスタのカウンターキッチンのあるLDK

つぎに、注文住宅の内装でこだわりの家にするためのポイントについてお伝えしていきます。

 

開放感

注文住宅の内装でこだわりの家にするには開放感もポイントになります。開放感を出したい場合、天井を高くしたり家の上部の空間の仕切りをなくし吹き抜けを設けたりすると開放感あふれる内装が実現します。

 

スタイル

こだわりの家にするポイントとして、どんなスタイルの家にするかということも大変重要です。

たとえば、リゾート風や南欧風、北欧風、アメリカンやカントリー、ヴィンテージ風などさまざまなスタイルがあります。

自分の家はどんなこだわりのスタイルにしたいのかを予め検討しておくとよいでしょう。

 

窓を工夫して光を取り入れることも、こだわりの家にするためのポイントのひとつでしょう。

大きな窓を設けて家の中にたくさんの日光を入れたり、天窓を設けて天井から明るい光を取り入れたりと窓を上手に使って明るいこだわりの家にすることも可能です。

 

カラー

注文住宅の内装で、カラーにこだわりを入れることでさらに理想の家に近づけることができます。明るいイメージにしたい場合は、白やベージュを使用すると全体的に明るい雰囲気になります。

また、黒や茶色、ネイビーなどをメインに使用することで落ち着いた印象となりカラーによって家の雰囲気もガラリと変わります。

 

照明

こだわりの家には欠かせないと言ってもよいのが照明です。照明によって、おしゃれな雰囲気、落ち着いた雰囲気、爽やかな雰囲気などさまざまな空間を作ることができます。

通常の照明に加えて、ダウンライトや関節照明などを上手に使用して希望のこだわりの空間を演出してみてください。

 

収納

注文住宅の内装で、こだわるポイントとしておすすめなのが収納です。

階段下や屋根裏などを使用して、収納空間を作れば無駄な空間を有効活用しながら収納としても使用することができます。

ほかにも、玄関先に大きめのシューズクロークを設置して靴や小物などを玄関に置かずにすっきりとした空間にする、部屋の壁などの空間を利用して棚を取り付け魅せる収納をするのもおすすめです。

 

注文住宅・内装の注意するところ

天然素材青色住宅

つぎに、注文住宅の内装の注意する点についてお伝えしていきます。

 

素材選び

注文住宅の内装で注意したいのが、素材選びです。家のデザインやこだわりに合わせて床材・壁材などを選ぶと良いでしょう。

たとえば、木の温もりやナチュラルな雰囲気を大切にしたい場合には無垢材や自然素材である漆喰や珪藻土などを床材や壁材に選びましょう。

スタイリッシュでおしゃれな雰囲気にしたい場合には、無機質な印象の素材をメインにしたインテリアを選ぶ、可愛らしい雰囲気にしたい場合は、柔らかめの素材をメインにするなど

選ぶ素材によって、自分の実現したい家の雰囲気に近づけることができます。

 

カラー選び

こだわりの家にしたいと考えた際に、カラー選びも重要なポイントとなることはすでにお伝えしていますがその中でもカラー選びはさらに大切です。

あまりにたくさんのカラーを家の中に取り入れすぎてしまうと、家の印象もごちゃごちゃとした印象になってしまいます。

そのため、基本となるカラーとメインカラー、ポイントとするカラーを分けて考えておく必要があります。

基本カラーは、家全体の印象を決める大事なカラーとなり壁や床などに用いるカラーです。白やベージュ、黒など基本として使うカラーは多くても3色までに収めるとまとまりが良くなります。

メインカラーは、カーテンやラグ、ソファなどのインテリアに使用するカラーです。ポイントカラーは、小物や壁紙などに主に使用しアクセントカラーとして使用します。少し濃いめのビビットな色味を使用するとおしゃれ感が増します。

 

まとめ

このように、注文住宅の内装に少しこだわりをプラスすることでよりほかにはない理想の住宅を実現することが可能になります。

こだわりの理想の家を実現するためには、家族の希望やこだわりを明確にすることはもちろんですが実際に理想の家を建てるうえで信頼できる工務店にお願いできるかどうかという点も大きなポイントではないでしょうか。

こちらの希望やこだわりをよく聞いてくれる、納得できるまで相談できる、一緒に家づくりを楽しめるそんな工務店や建設会社を見つけることでさらに、こだわりもあるオリジナリティあふれる注文住宅にすることができます。

ぜひ、注文住宅の内装にこだわりたいという方はこだわりの場所やポイント、注意点などを考慮しつつ信頼できる工務店や建設会社を探してみてください。

 

こだわりの注文住宅のことなら「君津住宅」へ!

鎌取夜の写真

【施工事例一覧を見る】

 

こだわりの注文住宅を建てたい! 千葉県で注文住宅を考えているという方は「君津住宅」にお任せください。

お客様にとって住宅は、一生ものであるということを考えてさらにしっかりと次の世代まで引き継いでいくことのできる堅牢な家を提供させていただいております。

地域に寄り添ったサービスだからこそ、お客様との信頼関係もより重要であると私たちは考えております。

 

モデルハウスにもぜひ、見学に来てみてください!

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

 

 

住宅についての相談やお問い合わせもどうぞお気軽にご連絡ください。

WEBで家づくりのご相談も承っております。↓

 

WEBで家づくりの相談

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!