COLUMN
コラム

NEW

注文住宅

規格住宅

注文住宅の外観の種類を知っておしゃれで自分好みの家を建てよう|千葉の注文住宅

おしゃれな西海岸風のデザイナーズハウス外観

注文住宅を建てるとき、まずどのような外観の家がよいかを考えるのではないでしょうか。
最近は実にさまざまな外観の住宅があります。
せっかくの注文住宅、おしゃれで、そして好みに合ったお気に入りの外観にしたいものです。
そこで今回は、注文住宅の外観の種類とそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。
どんな外観デザインがあるのか知りたい方はもちろん、外観で迷われている方はどのテイストがしっくりくるか、ぜひご参考にして好みの雰囲気を見つけてみてください!

 

家の外観はテイストで何種類かに分けられる

さまざまな外観がある住宅も、そのテイストによっていくつかの種類に分けることができます。

 

■和風

注文住宅の中でも和風の外観は、塗り壁や引き戸の玄関、格子を用いた造作、掃き出し窓に縁側、そして切妻屋根や寄棟屋根などが特徴です。
日本ならではの良さがあしらわれた和風の外観は、その落ち着いた雰囲気と伝統を重んじて趣のある佇まいによって、私たちになじみ深くありつつも飽きが来ず長く住むことができるでしょう。
新築の注文住宅でいわゆる純和風の家を建てる人は数としてはあまり多くはありませんが、やはり根強い支持を集めています。
京都の町屋風な外観や、旅館や古民家のような外観は風情があり、紅葉などを植栽した和テイストの庭ともとても合います。
和風の注文住宅建てる場合の費用は、その他の外観の住宅と比較すると若干多くかかるケースが多いです。

 

■和モダン

飽きない家外観の和モダン 

和風の住宅に現代風なテイストを取り入れたのが和モダンです。
和モダンの特徴でまず挙げられるのが色味です。
黒、白を基調としたモノトーンや、周囲の自然に馴染みやすい茶系などのアースカラーで配色されることが多いです。
軒天や外壁のポイント、縦格子のルーバー等に木や木目調の素材を用いたり、屋根瓦や漆喰の外壁を取り入れるのも和モダンの外観の特徴です。
これらの和の要素を現代的なシンプルなデザインの住宅にプラスすることで、和風の趣や高級感を残しつつ、よりおしゃれでスタイリッシュなイメージの住宅に仕上がるため注文住宅の中でも人気のある外観のひとつです。

 

■シンプルモダン(デザイナーズ)

 

大きな窓が印象的なキューブ型の家

 

ホワイト・ブラウンのキューブ型の家

シンプルモダンな外観は、昨今の注文住宅の主流ともいえるデザインです。
おしゃれなイメージの強いシンプルモダンは、軒などがなくすっきりとした外観が特徴で、屋根も直線的な印象の強い片流れ屋根や陸屋根がよく取り入れられます。
シンプルモダンの注文住宅では、白、黒、グレーといったモノトーンを中心に、ネイビー、ブラウンなどの色が外壁によく用いられ、素材はサイディングやガルバリウム合板などが用いられます。
四角形などシンプルな形の組み合わせになるケースが多く、その分外壁の素材や色の組み合わせ、ポイントに金属やガラスなどの無機質な素材を取り入れることで、個性を際立たせることができます。
よりデザイン性の高いシンプルモダンの家をデザイナーズ住宅と呼ぶこともあります。
シンプルモダンの外観の住宅は、周囲の雰囲気から浮くこともなく、それでいておしゃれで洗練された印象になる事から、注文住宅でも近年とても人気が高い外観のひとつです。
つくりがシンプルな分住んでいて飽きも来ず、材料費などのコストパフォーマンスが比較的よいといわれています。

 

■ナチュラル

ナチュラルな外観の住宅は、塗りやサイディングなど白を基調とした外壁のシンプルなデザインに、玄関やベランダ、軒天や外壁のポイントとして天然木やタイル・レンガなどの自然素材を取り入れているのが特徴です。
屋根は大きめな三角形が際立つ切妻屋根などがよく用いられます。
シンプルだけどクール過ぎない、自然の風合いを生かした温かみのある印象の外観です。
アンティークなガラスの玄関灯や、オリーブやシマトネリコなどのシンボルツリーとの相性もよく、注文住宅でも人気があります。

【参考コラム】カフェ風のおしゃれでモダンな家の外観にする方法

 

■南欧風(プロヴァンス風)

南欧風住宅の外観

南欧風のデザインは、注文住宅でも主に女性を中心に人気の高い外観です。
南欧風と聞いて多くの方が白壁にオレンジ屋根を思い浮かべるように、白やオフホワイト、薄い黄色や明るいベージュを基調とした外壁に、オレンジ系の素焼き瓦が特徴です。
また、南欧風の住宅には木や木目の玄関ドアが用いられたり、アイアンの窓枠や妻飾りが施されたり、玄関ポーチがアーチ型になっていることが多いのも特徴です。
南欧とはフランス南部やイタリア、ギリシャやスペインなどのヨーロッパ南部を指すので、南欧風住宅の中でもスパニッシュ風など細かく分けることもできます。
その中でもフランス南東部の地中海に面したプロヴァンス地方の住宅デザインは人気が高く注文住宅でも数多く建てられていることもあり、南欧風の外観の住宅をプロヴァンス風と呼ぶことが多いです。
ちなみに同じフランスでも、フランス北西部のブルターニュ風の住宅は、石造りや白壁の外壁に黒っぽい屋根が特徴となっています。

 

■アメリカンスタイル

おしゃれでちょっと周りと差をつけられる注文住宅の外観が、アメリカンスタイルです。
アメリカンスタイルには大きく分けてカリフォルニア風とブルックリン風があります。

・カリフォルニア風(アーリーアメリカンスタイル)

アーリーアメリカンスタイルの外観正面

アメリカの西海岸をイメージしたカリフォルニア風の外観は、アーリーアメリカンスタイル、アメリカンスタイルとも呼ばれています。
白、ブルー、グリーン、ブラウンなどのラップサイディング(細長いサイディング板を横向きに張り合わせたもの)を用いた外壁や、1階の屋根やテラス屋根で覆われた、いわゆるカバードポーチといわれるテラスのような広めの玄関ポーチが特徴です。
煙突を設けたり、ドーマーと呼ばれる小さな屋根窓を設けることも多くあります。
別荘のような外観デザインは海沿いの地域やリゾート地にもマッチし、特にカバードポーチはアウトドアリビングとしてだけでなく、自転車やササーフィン、マリンスポーツなどのアウトドアが好きな人には、アイテムを干したりお手入れしたりといった機能面でも優れています。

 

・ブルックリン風(ニューヨークスタイル)

スクエア型のモダンなお家

アメリカンスタイルの注文住宅では、ブルックリン風の外観も人気が高まっています。
「ブルックリン」とは、かつて製造業が盛んであったニューヨークのブルックリン地区のことで、工場や倉庫などが多く存在した地区です。
再開発に伴って工場や倉庫の跡を利用した店舗やカフェが増え、そのヴィンテージ感と現代がミックスされた雰囲気から、おしゃれなエリアとしてニューヨークで人気が出ました。
ブルックリン風の注文住宅では、ガルバリウム合板などの無機質な外壁と、無骨で温かみのある木や木目の素材とを組み合わせたり、アイアンやレンガを用いてヴィンテージ感を出したり、セメントをポイントに用いてインダストリアルな雰囲気を出すのが特徴です。
インテリアでも人気の高いブルックリン風ですが、昨今は注文住宅の外観でも好まれています。

 

まとめ

注文住宅の外観の種類とそれぞれの特徴についてご紹介しました。
外観はやはり周囲から一番よく見える部分であるため、「家」全体のイメージを決める大事な要素です。
自身の理想により近い外観にするには、外観の種類を知ってどのタイプが一番好みに合うか考えてみるのもひとつの方法です。
注文住宅では外観だけでなく内装や設備など決めていくことがたくさんあります。
自分の好みのテイストを把握しそれに沿ってコーディネートしていけば、統一感の取れたおしゃれな家に仕上がるでしょう。

 

千葉県のハウスメーカー「君津住宅」の、和モダンからアメリカンスタタイルまで揃った施工事例もぜひご覧ください。

【施工事例一覧を見る】

 

おしゃれでこだわりのある注文住宅は「君津住宅」へ

おしゃれで理想的なマイホームを建てるなら、千葉県のハウスメーカー「君津住宅」にご相談ください。

地元密着ハウスメーカーだからできるきめ細かいサービスと幅広いラインナップで、お客様に合った理想の住まいづくりにお応えいたします。

木更津・鎌取の二か所には外観と間取りを体感できるモデルハウスもございますので、ぜひお気軽に活用ください。

 

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

オンライン相談もご用意しています。土地探し・資金計画をはじめ、家づくりのどんなこともお気軽にお声かけください。

WEBで家づくりのご相談も承っております。↓

WEBで家づくりの相談

 

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!