COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

規格住宅

家を購入するときの流れとは?一戸建てを建てる際の全体像とは|千葉県で注文住宅づくり

注文住宅

「そろそろマイホームが欲しいな」と思ったら、あなたはまず何から始めますか?

住みたい家を想像するとあれこれ夢が膨らみますが、いざ家を購入するとなると、大きなお金が動くだけでなく、準備や手続きなども必要になってきます。

特に注文住宅で家の購入を考えている場合、まずはおおまかな全体の流れを知っておくと安心です。

そこでこの記事では、注文住宅の家を購入する場合の流れについてご紹介したいと思います。

 

家の購入を考えたらまず始めることとは?

家の希望条件を話し合う

家の購入を考え始めたら、事前準備としてまずは次のことから始めましょう。

 

住みたい家の明確化(希望条件の優先順位づけ)

マイホームとして住みたい家に掲げる希望条件を書き出すなどして、明確化します。

通常、希望条件はマンションか一戸建てかにはじまり、新築か中古か、一戸建てであれば注文住宅か建売かなども考えます。

ここでは注文住宅を建てる場合で考えてみましょう。

通勤や学区などを考慮した立地はどこがよいか、家族構成から考えた広さや最低限ほしい間取り、駐車台数など家族で話し合い、希望条件を並べたら優先順位をつけておくことで後に条件で迷った時に決めやすくなります。

 

予算の検討と資金計画

住みたい家の希望条件が見えてきたら、次は購入のための予算を検討してみましょう。

最初の段階である程度の予算を把握しておくことで今後の情報収集や絞り込みにおいて、無駄な動きを減らすことができます。

自己資金はどれくらい準備できそうか、今後の教育費や車の購入予定など、家の購入以外のライフイベントも考慮しつつ、資金計画を立てるとよいでしょう。

ネット等にあるライフプランのフォーマットの活用や、ファイナンシャルプランナーなどのプロに相談するといった方法もあります。

 

情報収集(ネット等で物件や相場の情報収集)

希望条件と大体の予算が決まったら、ネットを中心に物件の相場感や、現状でどんな物件があるのか情報収集をします。

ネットだけでなく地域に売買を行っている不動産屋があれば、ネットにはない物件が店頭に掲載されているケースもあるので、前を通るなどしてチェックしてみましょう。

 

具体的な絞り込みと決定

注文住宅

希望条件や予算、物件の相場感やボリュームなどをある程度把握したら、次の流れとしてハウスメーカーやどこに建てるかなどを具体的に絞り込んで決めていきます。

 

ハウスメーカー、工務店の選定(モデル住宅、見学会等)

土地の所有の有無に限らず、どのハウスメーカーや工務店で家を建てるかを絞り込まなければなりません。

希望のハウスメーカー等が特に決まってない場合は、最初に決めた条件と自分たちの好みに合致するようなハウスメーカー等をいくつかピックアップし、モデルハウスや現地見学会などがあれば参加してみましょう。

その中で良いと思ったハウスメーカーや工務店が決まったら、具体的に話を進めていきます。

ハウスメーカー等に間取りの希望条件を伝えると、大まかな家のプランを立てくれます。

 

土地探し

土地から購入して注文住宅を建てたい場合は、土地探しからしなくてはなりません。

土地には先述のようなネットの不動産ポータルサイトに掲載されている既出の土地と、これから売り出される予定の土地、ハウスメーカーなどによる建築条件付土地があります。

条件の良い土地は広告掲載される他社が購入するケースも多いため、家を建てたい希望エリアに強い不動産会社へあらかじめ土地を探している旨を相談しておき、新しい物件が出た際に連絡をくれるよう頼んでおくのもひとつの方法です。

土地探しは通常、次にお伝えするハウスメーカーや工務店の選定と同時進行で行います。

なお、土地にはさまざまな制約等がある場合があるため、土地の購入を決定する前に検討しているハウスメーカー等に、購入予定の土地で間取りや建物プランを提案してもらうのが一般的な流れです。

ハウスメーカー等が土地情報を持っていたり、土地探しをサポートしてくれるケースもあるので、はじめに相談しておくとよいでしょう。

 

住宅プランの計画と契約の締結

住宅のプランニング

建てたいハウスメーカーや工務店が決まったら、次の流れとして住宅プランの計画と申し込みへの手続きが始まります。

 

住宅ローン事前審査

ハウスメーカー等が決まったら、具体的な家のプランを考えていくと同時に金融機関の住宅ローンの事前審査を受けます。

住宅ローンの事前審査を受けておくことで、そもそも住宅ローンを利用することができるのかどうか、いくらまで借り入れが可能なのか金額の目安がわかります。

事前審査は通常3日~1週間程度で結果がわかります。

 

【参考コラム】 【2022年】住宅ローンの組み方|リスクを少なくするには

 

仮図面・設備や仕様の確認・見積もり

次に家の間取や外観のプランニングを進め、仮図面や資金計画、概算見積もりを出してもらいます。

それをもとに、窓の大きさや位置の決定、間取りや配置の決定を進めていきます。

同時にモデルルームやショールーム等で、住宅の設備や仕様の確認も行います。

打ち合わせを経て図面や見積りができたら、続いて各種契約へ進みます。

 

建築請負契約等の締結

図面や見積もりが決まったら「建築請負契約」や「一部変更合意書」などの契約を締結します。

一般的に、契約時にはハウスメーカー等に「契約金」を支払います。

 

具体的な仕様の決定

契約締結後、クロスやフローリング、建具などの内装や設備、電気など細部にわたって決めていきます。

外壁のカラーやグレードなども決めていきます。

 

住宅ローン本審査

仕様が決定したら住宅ローンの本審査に申し込みます。

本審査の結果は通常1~2週間程度ででます。

一般的に事前審査に通っていれば、本審査ではよほどのことがない限り通過すると言われています。

 

建築確認申請・地鎮祭・地盤調査

鎌取空き土地

建築確認申請をしたのちに建築確認許可が下りたら、地鎮祭をする場合は地鎮祭を行います。

あわせて土地の地盤調査も行います。

地盤調査の結果によっては地盤改良を行わなければならず、地番改良にはある程度まとまった費用が必要になりますが、大抵は見積もりに含まれています。

地番改良の予備費として、見積もりの段階で含まれているかどうかを確認しておくと安心でしょう。

 

着工

着工 木材と基礎

ここまでの流れを経て、いよいよ家の着工です。

基礎工事からはじまって、上棟では上棟式がある場合もあります。

上棟までの間も電気図面など細部の打ち合わせが行われます。

基礎工事の段階から見学しておくと出来上がっていく様子を楽しめるだけでなく、疑問に思う点があればハウスメーカーの担当者へ問い合わせることができるので、都合が合うときには見学に出かけてみるとよいでしょう。

 

竣工・施主立会検査

アメリカンテイストなお家外観

 

家が完成したら、ハウスメーカーによる竣工検査が行われます。

そののちに施主も立ち会って、竣工検査を行います。

図面や仕様書を見ながら設備や仕様に間違いがないか、工事中に付いた傷や汚れなど気になる点がないかを確認し、あれば直してもらいます。

 

引き渡し

大きな窓が印象的なキューブ型の家

上記までの流れが全て完了したら、家の引き渡しとなり、ハウスメーカー等から鍵を受け取ります。

引き渡し日はある程度希望の日にちで決めることが可能です。

通常、引き渡しの日より住宅ローンが実行されるので、現住居の引っ越しや吉日などを考慮して決めると良いでしょう。

 

まとめ

家の購入の大まかな流れについて、注文住宅のケースにフォーカスしてご紹介しました。

家の購入では、お金の流れ、間取りや仕様など家自体に関する決定の流れ、契約などの手続きの流れなどそれぞれに進んでいき、同時に行うことも多くあります。

だいたいのスケジュールを把握しておき、慌てることなく安心して家づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

千葉県のハウスメーカー「君津住宅」では、初めてのお家づくりを全力でサポートいたします。

シンプルモダンからアメリカンスタタイルまで揃った素敵な施工事例もぜひご覧ください。

【施工事例一覧を見る】

 

おしゃれでこだわりのある注文住宅は「君津住宅」へ

おしゃれで機能的なマイホームを建てるなら、千葉県のハウスメーカー「君津住宅」にご相談ください。

地元密着ハウスメーカーだからできるきめ細かいサービスと幅広いラインナップで、お客様に合った理想の住まいづくりにお応えいたします。

木更津・鎌取の二か所には外観と間取りを体感できるモデルハウスもございますので、ぜひお気軽に活用ください。

 

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

オンライン相談もご用意しています。土地探し・資金計画をはじめ、家づくりのどんなこともお気軽にお声かけください。

WEBで家づくりのご相談も承っております。↓

WEBで家づくりの相談

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!