COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

間取り

おしゃれなリビングは窓の配置でつくる|千葉の注文住宅実例集

大きな窓のあるおしゃれなリビング

注文住宅のリビングでは間取りや内装テイストに注目しがちですが、おしゃれに仕上げるためには窓の配置も重要です。窓は採光・彩風など実用的な役割だけでなく、お部屋の雰囲気をつくるデザイン的な役目も持っています。

今回は実際のおしゃれなリビング窓の実例を見ながら、配置を考えるさ際に注意すべきポイントを学びましょう。

 


目次
■リビングは窓配置で完成度が決まる
■おしゃれなリビング窓のある注文住宅実例
■リビングの窓で注意すべきポイント


 

■リビングは窓配置で完成度が決まる

大きな窓のあるリビング

間取りづくりではお部屋形や広さ、ドア配置や動線も大切ですが、窓の配置も住み心地やデザインに大きく影響します。せっかくこだわって仕上げた素敵な内装も、日当たりが悪く一日中ジメっとしていたら見栄えがしません。

逆にしっかりこだわって窓の配置を計算すれば、お部屋を広く見せたり明るい印象に仕上げたり、ワンランク上の仕上がりを狙えます。今回ご紹介するおしゃれなリビングの窓配置を参考にして、上手にご自宅のプランに採り入れてみてください♪

 

■おしゃれなリビング窓のある注文住宅実例

実際の注文住宅の中から、窓の配置にこだわったオシャレなリビングをピックアップしました。各実例の詳細ページには住まい全体の写真や詳しいデータもありますので、お気に入りが見つかったらぜひチェックしてみてください。

 

実例①

大きな掃き出し窓に面したリビング

南向きの大きな窓から入る自然光が、リビングとキッチンを明るくおしゃれな空間に見せてくれます。

 

テレビの高さに合わせたおしゃれな小窓

ソファの正面にはテレビの高さを計算した小窓を2つ設置。引き違い窓ではなくあえて2つに分けることで、間延びせずスタイリッシュなイメージを作り出しています。

 

【詳細ページ】⇒暮らしやすさもデザインも!こだわりのアメリカンスタイル【間取り図有】

 

実例②

開放感のある大きな窓のリビング

お庭を見渡せる大きな掃き出し窓は、視線が抜けてリビングの広さを強調してくれます。

テレビの後ろに設けたハイサイドライトは、外からの目線や直射日光が気にならず、ブラケットライトと合わせておしゃれなアクセントに♪

 

リビングとつながる和室の掃き出し窓

リビング隣の和室とつなげれば、南側からたっぷり自然光が入って日中は照明いらずの明るさです。子育てや来客などさまざまなシーンで活躍する、気持ちの良いリビングになりました。

 

【詳細ページ】⇒家族みんなで仲良く、楽しく、快適に住まう【間取り図有】

 

 

実例③

明るい横長リビングの間取り

大きな窓を配置しやすい横長レイアウトのリビングです。対面キッチン正面の腰窓は、お料理中自然に外の景色が目に入る気持ちの良い間取りアイデア。

 

たっぷり自然光が窓から入るリビング

リビングの掃き出し窓の採光も補助してくれて、さらに明るくて気持ちの良いリビングになりました。

 

【詳細ページ】⇒もっとわくわく楽しく「家族が自然とあつまる家」

 

 

実例④

掃き出し窓とスリット窓があるリビング

シンプルな掃き出し窓と二つの縦スリット窓を組み合わせ、明るくおしゃれなリビングに仕上げました。ダイニングスペースからは外の出入りが必要ないため、引き違いではなくスタイリッシュな縦長窓を選択。

 

畳小上がりの小窓

リビングと隣接する畳小上がりにも小窓をバランス良く配置し、お部屋全体の明るさを確保。暗い空間を作らないことで、広々とした印象のリビングになります。

 

【詳細ページ】⇒明るさを重視したアメリカンモダンスタイルの家

 

 

実例⑤

大きな窓のあるナチュラルテイストリビング

明るいナチュラルカラーでまとめたリビングは、たっぷりの自然光のおかげで開放的な空間に見えます。オープン状態にもできる畳小上がりで、室内の明るさを調整できるのもgood♪

 

キッチンからリビングの窓が見えて開放的

キッチンに立ったときの目線の抜けや開放感もあり、お料理時間も楽しく過ごせるLDKです。

 

【詳細ページ】⇒木の温もりを大切に「可愛い南欧風スタイルの家」

 

 

実例⑥

吹き抜けリビングの高窓

おしゃれなリビングの王道、吹き抜け&高窓の組み合わせは、一般住宅とは思えない高い天井と解放感を生み出しています。

 

吹き抜けの明るい高窓

吹き抜けの窓は、カーテン不要でいつでもたっぷりの自然光をリビングに届けてくれます。

 

おしゃれな縦スリット窓

吹き抜けから一段引っ込んだ畳コーナーは、スタイリッシュな縦スリット窓で光量を調節し、落ち着きのある程よい明るさに。一つのLDK空間の中でも、窓の配置やサイズを変えることでデザインや雰囲気に変化を付けることができます。

 

【詳細ページ】⇒スタイリッシュなシンプルモダンのお家

 

■リビングの窓で注意すべきポイント

明るいリビングの窓

 

・目線

せっかく大きくて気持ちの良い窓をつくったのに、通りからの目線が気になってカーテンを閉めっぱなし…というのはよくある失敗談です。特に面積が大きい掃き出し窓は、さまざまな角度からの目線に配慮することが大切。

前の通りや隣の家との距離が近い場合、フェンスや生垣など外構側で目線を遮る工夫も必要です。どうしても目線をカットできそうにないなら、天窓(トップライト)や高窓(ハイサイドライト)など目線が届かない場所に配置するのも一つの方法。

特に日中リビングで過ごすことが多いライフスタイルなら、目線に配慮して自然光を採り入れ、明るい空間に仕上げましょう。

 

・結露/断熱

面積の大きいリビングの窓はエアコンや暖房の効きに大きく影響するため、断熱性には特こだわりたいところです。最近はペアガラスが標準仕様になりつつありますが、サッシ枠の断熱性や気密性も冷暖房効率に関わります。特に大きな掃き出し窓を付けるときは、断熱仕様のサッシになっているか確認しましょう。

断熱性をしっかり確保できれば、寒い時期の結露対策にもなります。暖房を点ける時間が長いリビングは窓の結露が発生しやすく、カビやダニの温床となることが多いです。清潔で健康的なリビングづくりのためにも、窓の断熱性にこだわりましょう。

 

・日照

太陽の位置が低い朝夕の時間帯は、窓から入る直射日光についても配慮が必要です。

例えば西側の窓とテレビの位置関係が悪いと、西日がまぶしくて画面が見えにくくなってしまいます。夏場だと強い直射日光で床や壁が熱されて、リビングの温度が上昇する原因にもなります。

気持ち良い空間づくりのために自然光を採り入れるのは大切ですが、直射日光による悪影響が出ないように窓の配置を工夫しましょう。西側には直射日光が入りにくい高窓や地窓を配置するなど、日差しをコントロールしてみてください。

 

・家具配置

大きな窓をリビングに複数配置する場合、ソファやテレビなどの家具配置とのバランスも要注意ポイント。窓を増やすと壁が減るため、家具の配置が難しくなるケースがあります。

もちろん窓際にソファやテレビを配置するのもダメではありませんが、せっかくの窓がふさがれる印象にならないよう注意しましょう。間取りづくりとインテリア選びを同時に進めて、家具の配置も踏まえてトータルコーディネートするのがおすすめです。

 

・防犯

リビングで使うことが多い引き違いの掃き出し窓は、空き巣に狙われやすい特徴があるため、防犯性にしっかりこだわりましょう。

共働きや旅行などで留守にすることが多いなら、シャッターを付けて空き巣リスクを軽減するのがおすすめ。デザイン上シャッターや雨戸を付けたくないなら、防犯ガラスを導入するのも一つの手です。無色透明の防犯ガラスもありますので、リビングの景観を損ねることなくリスクを軽減できます。

 

■まとめ:窓にこだわって理想のリビングをつくりましょう♪

リビングのデザインや快適性に大きく影響する窓の形と配置。内装テイストや間取りに合わせたこだわりの窓レイアウトで、理想のリビング空間に仕上げましょう。しっかり計算した窓計画は、おしゃれで快適なワンランク上のリビング空間につながりますよ♪

千葉県でおしゃれな注文住宅を建てるなら、君津住宅にぜひご相談ください。たくさんの住まいづくりをお手伝いしてきた経験豊富なスタッフが、理想の間取りデザインをご提案します。ここではご紹介しきれないたくさんの施工事例も掲載していますので、こちらもぜひ参考にどうぞ♪

西海岸風の注文住宅

【注文住宅事例一覧】

千葉県内の二カ所には、リビングをはじめ住まい全体の間取りを体感いただけるモデルハウスもご用意しています。必要以上の広さや設備を使わない「等身大のモデルハウス」になっていますので、ぜひイメージづくりに役立ててください。

 

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!