DISASTER-PROOF

災害に強い、君津住宅ならではの安全設計

日本は地震・台風・雪などあらゆる災害にさらされています。君津住宅は今まで培ってきた知識と技術力と元とし、災害に強い建材や工法を使用しております。お客様が快適な暮らしを末永く暮らしていくためにも、徹底的にこだわり抜いた「安心」「安全」な設計を実現いたしております。

新耐震構造で、地震から家を守ります。

地震に自信があるからこそできる30年間地震保証付き。 大きい地震が何回か起きると、釘が浮いてきて、耐力面材を使った建物の耐震性は劣化していきます。「超制震構造」により粘り強く、いわゆる「カタカタ」という状態になりにくく、地震に強いというわけです。家全体で揺れを吸収。大地震にも壁紙が破れにくい。気密性もUP。防音効果等、良い効果は様々です。

従来よりも1.5倍の耐久力を誇る、「ピン工法」

接合部分の大幅強化で、耐久力を向上

建材の接続方法に「ピン工法」と呼ばれる工法を採用。地震時における最大の弱点であった、木材の接続部分を専用のピンによって接合。これにより木材をつなぎ合わせる際に必要であった、接合部分の削りを最小限に抑え、構造面を強化しており、従来の工法に比べ、地震への耐久力を飛躍に上げています。

  • 01
    固く強い接合部で耐久性が向上
    断面欠損率 約5%

    従来のコネクタに比べ、1.5倍の耐力のあるコネクタを使用し接合部分を強化しより耐久性を向上させています。

  • 02
    固く強い接合部で耐久性が向上
    Node.HSS(ホソ・ボルト)

    ホゾ付き構造のコネクタを使用し、木材が年数によって劣化し痩せてきてもズレ落ちしにくくなっております。

  • 03
    固く強い接合部で耐久性が向上

    自動車のボティー塗装などにも使用されている、信頼性の高い高耐食塗装法によって接合部分のサビを防ぎます。

  • 04
    固く強い接合部で耐久性が向上
    Node.HSS(スリットも目立たない)

    小型化したコネクタ部品を使用することにより、接合部分の断面欠損を最小限にし、より強い強度を保つことができます。

繰り返す巨大地震から家を守る、キミガード

地震の際、内臓された高減衰ゴムが変形することで、壁がエネルギーを吸収できるようになり、建物の損傷を最小限に抑えます。これは60年経過しても効果を発揮することが可能です。

実大振動実験

巨大地震を想定した実験を行い、震度6の地震に耐えうる住宅づくりを行っております。建築基準法では震度6に1回耐えることを基準にしていますが、君津住宅の家は、震度6以上の地震に3回耐えることに成功しており、お客様により安全な生活を営んでいただくことが可能です。

2017年2月
京都大学宇治キャンパス 防災研究所(京都府)
Kimi Guard有/ Kimi Guard無
それぞれの試験体へ同じ地震波を与えた比較となります。

熊本地震相当波を前震1回、本震2回繰返しの大地震を想定した実験 加振1回目はKimi Guard無しでは27、Kimi Guard有りでは16 加振2回目はKimi Guard無しでは348と安全限界の96.5mmを大幅に超えているが、Kimi Guard有りでは40 加振3回目でもKimi Guard有りでは88 ※限界耐力計算に用いる基準(1/30rad)

省令準耐火構造から、木造住宅でも火災に強い

省令準耐火構造の仕様に基づき、15分の耐火性能を持った住宅を準備しております。外部からの延焼だけでなく、室内からの火災でも、防火、他室への延焼を防ぎ、お客様の安全と財産を守ります。

外部からの延焼防止 各室防火 他室への延焼遅延

省令準耐火構造 3つの特長

消火活動がはじまるまで火に耐えうる仕様設計
01.外部からの延焼防止
隣家などから火をもらわない
02.各室防火
火災が発生しても一定時間部屋から火を出さない
03.他室への延焼遅延
万が一部屋から火が出ても延焼を遅らせる

省令準耐火構造を行うことで、
30年間で保険が114万円分お得になります。

省令準耐火構造に対応することで通常の建物に比べ、保険料を抑えることができます。その差は30年単位で比較するとなんと「114万」円も開くことになります。この構造によってお客様の安全だけなく、資産もお守りいたします。

保険を30年間継続し続けた場合の比較 H構造だと火災保険と地震保険の30年分の合計が約272万円になるが、T構造の場合約158万円となり、30年間で約114万円の差が出る セゾン自動車火災保険ウェブサイトにて見積もり。地震保険(5年間×6)あり。建築地:東京都 建物保険金額1,800万、契約期間10年間×3、オールカバー。家財:大人2人、子供2人、世帯主35歳前後、家財保険金額1230万円