COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

間取り

「化粧梁」は安くておしゃれな間取りアイデア♪千葉県の注文住宅実例

せっかくのマイホームはおしゃれに仕上げたいけど、費用や床面積を考えると厳しい…。そんな時におすすめなのが、コストパフォーマンスの良い「化粧梁」のデザインです。

今回は化粧梁でおしゃれに仕上げた注文住宅の間取り実例をたくさんご紹介します。化粧梁のデメリットや対策も解説しますので、マイホームづくりの前にぜひチェックしてください。

 


目次
■天井がグッとおしゃれになる化粧梁♪
■化粧梁がおしゃれな注文住宅実例
■化粧梁のデメリットと対策
■おしゃれな化粧梁デザインはカラー選びが大切


 

■天井がグッとおしゃれになる化粧梁♪

化粧梁とシーリングファンのあるリビング

化粧梁は本来天井裏に隠れている梁を露出し、おしゃれなアクセントとして活用するデザインアイデアです。「梁見せ天井」と呼ばれることも多いですね。木造住宅の構造を活かしたデザインなので、余計なコストをかけずにデザイン性をアップできるのが化粧梁の魅力♪

イメージを大きく変えつつ主張しすぎない、デザインバランスに優れている点も梁見せ天井のメリットです。多少デメリットもありますが、後述する対策をすればほぼ問題になることはありません。

コストパフォーマンスやデザイン性に優れるおすすめデザインなので、リビングなどに積極的に採り入れてみましょう。

 

■化粧梁がおしゃれな注文住宅実例

さっそくおしゃれな化粧梁のある注文住宅を見ていきましょう。

 

実例①

モダンスタイルの化粧梁天井

リビングの一部だけを折り上げ天井にし、隠れている梁をおしゃれなアクセントとして活用しました。ダイニングとの自然なゾーニングになり、ソファに座ったときの開放感がアップする間取りアイデアです♪

 

ソファから見える天井の化粧梁

ソファの向きと梁の向きを合わせているのもデザインのポイント。視線と梁の向きをそろえることで、より奥行感のあるお部屋に見せることができます。

 

【詳細】⇒爽やかさ溢れる「ルーフバルコニー」のある家

 

実例②

ナチュラルテイストリビングの化粧梁

広いLDK全体の天井を上げて、化粧梁を大胆に見せたお住まいです。20センチ近く天井高がアップすることで、かなり開放感のあるお部屋になりました。圧迫感が出ないようナチュラルカラーを選んでいるのもデザインの工夫です。

お部屋の中心にあるホワイトの出っ張り部分も梁ですが、こちらはクロス巻きで存在感を抑えています。

 

【詳細】⇒木の温もりを大切に「可愛い南欧風スタイルの家」

 

実例③

リビング階段と化粧梁の組み合わせ

リビングに3本の化粧梁を通し、レンガ壁と組み合わせて変化を与えたデザインです。階段やフローリングと木目を合わせてトータルコーディネートし、違和感なくおしゃれな印象に仕上げました。

 

子供部屋の梁見せ天井

2階の子供部屋は屋根形状を活かした勾配天井で、構造梁を大胆に露出。重厚感のあるフローリングとナチュラルカラーの梁の対比で、遊び心のあるお部屋になりました。

 

【詳細】⇒日々の暮らしをよりアクティブに「アーリーアメリカンスタイル」

 

 

実例④

吹き抜けリビングの化粧梁

梁を丸ごと露出させる吹き抜けとの組み合わせも、定番のおしゃれデザインです。梁に沿ってダクトレールを設置し、好きな照明器具をつけ外しできるようにしています。

 

吹き抜けから見下ろした化粧梁

シート巻きの化粧梁仕上げで階段やフローリングと木目を統一し、高級感を演出。圧迫感が出やすいダークカラーの弱点を、吹き抜けの解放感でうまく補った間取りデザインです。

 

【詳細】⇒カントリー調のアメリカンなお家

 

実例⑤

吹き抜け天井と化粧梁の組み合わせ

ホワイトの壁とナチュラルなフローリングのシンプルなLDKに、ブラウンの化粧梁でおしゃれなアクセントをプラス♪キッチン横の筋交い壁もあえてスケルトンにして、遊び心のあるお部屋になりました。

 

二階から見下ろした化粧梁

大きな吹き抜けと化粧梁の組み合わせは、実際の床面積以上にひろびろとした開放感を与えてくれます。高窓から入る自然光も、化粧梁をより魅力的に見せてくれるポイント。

 

【詳細】⇒スタイリッシュなシンプルモダンのお家

 

 

■化粧梁のデメリットと対策

吹き抜けの化粧梁

 

・構造によっては天井が低くなる

化粧梁の作り方によっては元の天井高より低くなることもあり、お部屋に圧迫感が出てしまいます。元の天井にダミーの梁を付ける後付け工法の場合、特に天井が低くなります。

 

【対策】⇒天井を上げて構造梁を見せる

お部屋に圧迫感を出さず化粧梁を設置するなら、本来の天井高を上げて隠れている構造梁を出す工法を選びましょう。これなら天井高をアップしながらおしゃれな梁も見せることができます。わざわざ後付けの梁を付ける必要がないので、コスト面でも有利です。

 

・上下階の音が聞こえやすくなる

前述したように天井を上げて梁を露出すると、二階の床が近くなって足音や下階の物音が伝わりやすくなるのもデメリットのひとつ。天井裏空間が薄くなるため、どうしても防音性能は低くなってしまいます。

 

【対策】⇒上下階の間取りに工夫する

音の問題については、1階と2階で重なるお部屋の過ごし方に注目して間取りを考えることで対策できます。

例えばリビングの真上が子供部屋だと、テレビの音や話し声でお子さんが眠れなくなってしまうかもしれません。リビングの上を夫婦の寝室にしておけば、就寝時は下に誰も居ないので音が問題になることはないでしょう。

 

・シーリングライトは使いにくい

水平に光が広がるシーリングライトは、梁に遮られて影ができてしまうため相性が良くありません。立体的に見えるケースもありますが、暗い場所があるとお部屋が狭く見えてしまう可能性が高いです。

 

【対策】⇒ダウンライトを複数配置する

化粧梁のお部屋は複数のダウンライトで照明プランを組みましょう。梁スパンの間にダウンライトをうまく配置すれば、お部屋全体の明るさを確保できます。埋め込み型のダウンライトは存在感を隠せるため、梁の魅力が引き立つのもgoodポイント♪

 

・余計なコストがかかる

凹凸のない平坦な天井仕上げに比べると、化粧梁は内装仕上げのコストが若干プラスになります。クロスやシート巻き、塗装どのパターンにしても、材料費と作業費が増加するためです。

 

【対策】⇒無塗装のナチュラル仕上げを選ぶ

無塗装の梁見せ天井

なるべくローコストに化粧梁デザインを仕上げるなら、あえて無塗装仕上げでそのまま露出するのもおすすめ。お部屋全体をナチュラルやモダンテイストにすれば、自然な印象に仕上げられますよ♪

 

■おしゃれな化粧梁デザインはカラー選びが大切

吹き抜けリビングと無塗装の梁

化粧梁はカラーによってかなりイメージが変わり、ナチュラルテイストからモダンテイストまで幅広く対応できます。

お部屋全体がナチュラルテイストなら無塗装で木の肌を見せても良いですし、モダンテイストならクロスを巻いてブラックやグレーにするのもカッコいいです♪フローリングやドア、階段や手すりなどの木部とカラー・木目をそろえると、高級感のあるハイセンスな仕上がりに見えます。どんなカラーを選び、どことあわせるのか考えてみましょう。

 

■まとめ:化粧梁でおしゃれなアクセントをプラスしてみましょう

リビングや寝室のイメージを大きく変えることができる化粧梁デザインは、おしゃれなマイホームを目指す方にとってもおすすめ♪シンプルなお部屋にアクセントをプラスしたいときなど、ぜひ積極的に活用してみてください。好みのテイストに合わせて見せ方やカラーを工夫して、オリジナルデザインを考えてみましょう。

 

千葉県のおしゃれな注文住宅づくりは君津住宅へ

わたしたち君津住宅は、地元千葉県でおしゃれな注文住宅をリーズナブルな価格でご提供しています。ナチュラル・モダン・海外デザインなど幅広いラインナップをそろえておりますので、どのようなご要望もぜひお気軽にご相談ください。

西海岸風の注文住宅

【注文住宅事例一覧】

千葉県内には自社モデルハウスも2軒ご用意しています。アーリーアメリカンテイストの鎌取モデルハウス、モダンテイストの木更津モデルハウス、どちらもお気軽にご活用ください。

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!