COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

間取り

総二階でのっぺり外観の家になるのを回避するコツ|おしゃれな注文住宅の作り方

ツートンカラーの総二階外観

最近はモダンスタイルなどのシンプルな外観デザインが流行していますが、平坦でのっぺりした印象になってしまうこともあるため要注意。

特にシルエットがシンプルな総二階の外観は、紙一重で安っぽい印象になってしまうケースも少なくありません。

今回は総二階の家でのっぺりとした印象を回避し、おしゃれに仕上げる工夫を解説します。

最後におしゃれな注文住宅の外観実例も写真で紹介しますので、マイホームづくりの前にぜひチェックしてみてください。

 


目次
■シンプルな外観の家はのっぺりしやすい
■総二階のっぺり外観を回避するコツ
■おしゃれな総二階建ての新築外観実例集


 

■シンプルな外観の家はのっぺりしやすい

のっぺりした総二階の外観

ローコストでおしゃれなシンプルデザインは、新築外観のスタンダードといっても過言ではありません。しかし最近は土地を有効活用でき建築コストも抑えられる総二階が流行っていることもあり、シンプル過ぎてのっぺりしてしまうことも少なくありません。

外観は日当たりや周囲の風景など図面だけで分からない要素も多く、完成してみたらイメージと違ってガッカリ…というケースも。

総二階のモダンスタイルなどシンプルなデザインを選ぶ際は、特に細かい部分にこだわっておしゃれに仕上げましょう。

 

■総二階のっぺり外観を回避するコツ

 

・ツートンカラーにする

ツートンカラーのスタイリッシュな二階建て外観

凹凸の少ない総二階でのっぺり感を回避するには、外壁をツートンカラーにするのが効果的です。色の組み合わせや範囲を変えることで、スタイリッシュなモダンスタイルからナチュラルテイストまで、幅広く対応できるのもうれしいポイント♪

外壁の途中でカラーを切り替えたり、バルコニーアクセントにしたり、同じシルエットでも大幅にイメージを調整することができます。いろいろなパターンを試して、立体感があるおしゃれな外観に仕上げましょう。

 

・窓でスタイリッシュに見せる

スリット・スクエア窓がおしゃれな総二階の外観

外観のイメージに大きく影響する窓のサイズ・配置も、のっぺり外観を回避する基本テクニックです。

日本の住宅で使われる頻度が高い引き違い窓は、玄関側などに使うと安っぽいイメージになってしまうことが多いです。住まいの顔となる面は引き違い窓を避け、スリットやスクエアなどのスタイリッシュな窓を使うと良いでしょう。

窓の縦横比を変えたり、高さや横位置をそろえたり、ちょっとしたことですが外観のイメージはかなり変わってきます。窓はもともと必要な物なので、余計なコストをかけずにおしゃれな外観を作れるのもgood♪

 

・立体感のある外壁を選ぶ

立体感のあるレンガ調の外壁

フラットな外壁材ではなく、凹凸や模様で立体感のあるものを選ぶのも一つの方法です。

縦横にスリットが入ったサイディングは外観全体に立体感が出ますし、スタイリッシュなイメージも作れます。レンガや石材調の凹凸と模様なら、高級感やナチュラルなイメージで安っぽい外観を回避しやすいです。ラップサイディングなど凹凸が大きい外壁材は、影ができることでかなり立体感が生まれます。

立体感のある外壁材を全面に使うのはもちろん、ツートンカラーやアクセントなどピンポイントで使うのもおしゃれです。

 

・玄関ポーチやバルコニーで装飾

玄関ポーチがおしゃれな南欧風の総二階外観

真四角の総二階建てに立体感を出すテクニックとしては、玄関やバルコニーを活用するのも定番です。

玄関ポーチはシンプルな外観のワンポイントアクセントになり、のっぺりした印象をかなり軽減してくれます。バルコニーもフラットな外壁面に大きな立体感が生まれ、デザインのバリエーションも豊富です♪

玄関・バルコニーともに使い勝手や動線も大切ですが、外観の見え方にもこだわってみましょう。

 

・おしゃれに仕上げる面を決める

表から見えない北側の外観

東西南北の4面すべてをおしゃれに仕上げるのはコストがかかりますので、玄関や南側などよく見える面だけこだわるようにしましょう。

例えば日当たりが悪く通りからも見えない北側は、おしゃれに仕上げてもあまり意味がありませんよね。見えない部分はそれなりに仕上げて、目立つ部分に集中してコストをかける方が効率的です。

お隣近所との距離感や通りからの見え方なども考慮し、おしゃれに仕上げる方角を決めましょう。

 

・外構で奥行を出す

立体感のある玄関アプローチ

建物側のデザインも大切ですが、玄関アプローチや門扉など外構で奥行を演出するのもおしゃれです。

通りから玄関までをただコンクリート土間で仕上げるのではなく、レンガや乱張り石などアプローチをつくることで奥行感が生まれます。門扉やシンボルツリー、ウッドデッキなども立体感が生まれ、外観全体ののっぺりイメージを解消してくれます。

外構は後回しにする方も、デザインだけは建物と一緒に考えてみるのがおすすめです。外観全体をトータルコーディネートすることで、ワンランク上のおしゃれなマイホームになりますよ♪

 

■おしゃれな総二階建ての新築外観実例集

最後に、実際のおしゃれな総二階建て外観をたくさん見てみましょう。各詳細ページには内装や間取りの写真もありますので、気に入ったお家は要チェックです。

 

実例①

ツートンカラーのおしゃれな総二階の外観

真四角でフラットな南側ですが、さまざまな工夫で素敵な外観に仕上がっています。

上下階で分かれるツートンカラーは、二階に縦スリットのサイディングを選んでスタイリッシュなイメージをプラス。玄関ドアとカラー縦スリットがそろっているのも細かなこだわりポイントです♪

玄関ポーチとバルコニーを兼用することで余計なコストをかけず、のっぺり感のない立体的な仕上がりになりました。

 

【実例詳細】⇒アクセントクロスで一味違った雰囲気に

 

実例②

南欧風でトータルコーディネートした総二階外観

切り妻屋根のひじょうにシンプルなシルエットですが、外構とのトータルコーディネートでのっぺり感を回避しています。

玄関ポーチと幅を合わせた乱張りアプローチが、通りから見た時の自然な立体感を演出。駐車場土間のスリットとカーポートも、奥行を感じさせてくれる工夫の一つです。

バランス良く並べたスクエア窓も、ハイセンスなモダンテイストを生み出しています。

 

【実例詳細】⇒暖かみと柔らかさ感じる『南欧風』のナチュラルスタイル

 

実例③

ウッド調のアクセントウォールがおしゃれな総二階外観

ベージュ一色だと平坦で安っぽい印象が出てしまうため、木目のアクセントカラーと窓の配置でスタイリッシュに仕上げました。

縦位置を合わせた縦長の窓と、スリット上の木目サイディングがおしゃれな印象を生み出しています。玄関・バルコニーとのカラー合わせもおしゃれなテクニックです♪

 

【実例詳細】⇒木と太陽から温もりを造りだすエコロジー住宅

 

実例④

モノトーンカラーのバルコニーアクセント

コストを抑えたシンプルなシルエットですが、家幅いっぱいのバルコニーアクセントでスタイリッシュなイメージです。

ホワイトのベースにバルコニーやサッシのブラックをバランス良く配置し、外観全体をカッコ良く引き締めています。雨どいはホワイトにして外壁と揃えるなど、細かい部分のこだわりもgood♪

 

【実例詳細】⇒子供の成長を感じられる家

 

 

■まとめ:総二階建てはおしゃれな外観にこだわろう♪

市街地でお隣近所とシルエットが被りやすい総二階建ては、特に外観の見え方にこだわって素敵に仕上げましょう。カラー選びや窓配置などちょっとした工夫で、のっぺりした印象を回避してセンスの良い外観になります。豪華な建材を使わなくても実践できるテクニックがたくさんありますので、ぜひマネしてみてくださいね♪

 

【施工事例一覧】

 

 

千葉県でおしゃれなマイホームを建てるなら、地元密着ハウスメーカーの君津住宅にぜひご相談ください。たくさんの住まいづくりをお手伝いしたノウハウと豊富なラインナップで、理想のマイホームデザインをご提案いたします。

君津住宅のラインナップ

【ラインナップ一覧】

木更津・鎌取のモデルハウスでは、外観・内装両方のデザインも体感して頂けます。写真では伝わらない見た目や質感をチェックし、イメージづくりにお役立てください♪

 

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!