COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

規格住宅

間取り

新築の広いリビング間取りアイデア実例集|千葉のおしゃれ注文住宅

おしゃれなローコスト住宅のリビング

家族の団らん、お客様のおもてなしなど多くの役割を持つリビングは、なるべくひろびろとつくりたいものです。リビングを広く見せるには実際の床面積以上に、天井高や窓の配置による間取りの工夫が重要となります。

今回は実際の注文住宅実例の中から、リビングを開放的に演出する間取りアイデアをピックアップしてご紹介します。リビングを広く見せるコツや床面積を確保できないときの間取りテクニックなど、お役立ち情報も必見です。

 


目次
■広いリビングは暮らしの満足度につながる
■新築の広いリビング間取りアイデア実例集
■リビングを広く見せるコツ
■床面積が足りないときの間取りテクニック


 

■広いリビングは暮らしの満足度につながる

明るく開放的なリビング

住まいの中でもリビングは過ごす時間が長く、開放感やデザインが満足度に大きく影響します。圧迫感のない広々としたリビング空間は、くつろぎタイムや家事、在宅ワークなど、さまざまなシーンを素敵に彩ってくれます♪

一口に「広いリビング」といっても、開放感を生み出す方法は一つではありません。実際の床面積より広く見せる間取りテクニックがたくさんありますので、予算や土地の広さが確保できなくてもあきらめないでください。

理想のひろびろリビングで、家族みんなが快適に過ごせるマイホームを考えてみましょう♪

 

■新築の広いリビング間取りアイデア実例集

 

・リビング階段&吹き抜け

リビング階段と吹き抜けの組み合わせ

開放感のある定番間取りである吹き抜けに、利便性・デザイン性ともに優れるリビング階段を組み合わせました。2階の床面積が減ってしまう吹き抜けのデメリットを、階段ホールと共用することで解消しています。

 

開放感のあるリビング階段

階段の手すりはアイアン調で圧迫感を無くし、高窓からの自然光もリビングを広く見せてくれます。

 

【事例詳細】⇒カントリー調のアメリカンなお家

 

・間仕切りでつながる和室

和室とつながるひろびろリビング

リビング横に間仕切り和室を配置し、シーンに応じて開放感をプラスできるように。ひろびろとお子さんのキッズスペースにしたり、個室に切り替えて在宅ワークをこなしたり、いろいろな使い方ができる間取りです。

 

和室から玄関へのショートカット

間仕切り和室は玄関廊下へのショートカットにもなっていて、実用性&開放感どちらも優秀♪

 

【事例詳細】⇒「ほっとする」リビングのあるお家

 

・畳小上がり&梁見せ天井

梁見せ天井の開放的なリビング

ナチュラルカラーとたっぷり自然光の明るいリビング空間は、梁の上面まで天井高をアップしてさらに解放感をプラス♪二方向オープンできる畳の小上がり和室も、圧迫感のない仕上がりです。

 

シンプルなデザインのおしゃれな畳小上がり

南向きの小上がり和室は、開けて良し、閉じて良しの使い勝手が良い間取りアイデア♪リビングの広さを損なうことなく、お子さんの遊び場、家事スペースなどさまざまなシーンで活躍します。

 

【事例詳細】⇒木の温もりを大切に「可愛い南欧風スタイルの家」

 

 

・ビルトインガレージが見える間取り

ビルトインガレージが見える開放的なリビング

あこがれる方が多いビルトインガレージを設置し、リビングとガラス窓でつなげていつでも愛車を眺めることができる間取りです。大きな窓から視界が抜けるため、実際の床面積以上の広さも感じることができます。

 

【事例詳細】⇒いつでも愛車を感じられる「ビルトインガレージ」のある住まい

 

・ルーフバルコニーをアウトドアリビングに

大きな開放感のあるルーフバルコニー

リビング自体を拡張するのではなく、屋上スペースをつくって開放的なアウトドアリビングとして活用するアイデアです。室内では得られない大きな開放感はとても魅力的ですね♪

 

折り上げ天井の広いリビング

メインリビングも折り上げ天井のアイデアで、最大限広さを感じる仕上がりです。

 

【事例詳細】⇒爽やかさ溢れる「ルーフバルコニー」のある家

 

■リビングを広く見せるコツ

吹き抜けのひろびろリビング

・膨張色をメインに

内装デザインではよく「膨張色」「収縮色」という言葉を目にすると思います。膨張色は空間が広く見えるカラーのことで、ホワイト・ベージュ・イエローなど明るめの色が含まれます。同じ床面積でも膨張色を選ぶと広く見せることができますので、内装やインテリアを膨張色メインでまとめてみましょう。

ブラックや濃いブラウンなどの収縮色は、小さな面積でアクセントとして使うと圧迫感なくおしゃれに仕上げやすいです。

 

・凹凸をなくす

同じ床面積の部屋でも、凹凸のある複雑な間取りより、真四角や長方形のシンプルな形の方が広く見えます。他のお部屋との兼ね合いもありますが、なるべく凹凸を無くし開放感のあるリビングを確保しましょう。

 

・視界の抜けを考える

視界が抜ける大きなリビングの窓

ソファに座ったときの目線の先、視界の抜けを良くすることも大切です。前の壁に窓をつくって視界が抜けるだけでも、かなりリビングの印象が変わります。

窓をつくるのが難しい場合、リビング階段などを活用して次の間取りへのつながりを強調するのも効果的です。行き止まりが無くなり視線が誘導されることで、精神的な広がりを得やすくなります。

 

・造り付けの収納を十分用意する

リビングのパントリースペース

リビングにはたっぷり収納をつくり、床面にモノを置かず広く見せるようにしましょう。引っ越し後に市販のキャビネットなどを置いてしまうと、お部屋に凹凸と圧迫感が生まれてしまいます。

収納が足りずに物が床面に散らかるのも、圧迫感や狭さの原因となります。リビング内にもしっかり造り付けの収納スペースをつくり、床面を広く見せて開放的な空間をキープしましょう。

 

■床面積が足りないときの間取りテクニック

 

・廊下をなくす

平屋の廊下の無い間取り

間取り全体との兼ね合いでリビングに床面積を回せないときは、なるべく廊下を減らしてスペースを生み出すテクニックが効果的。例えば玄関からリビングに直結させて回廊のように使えば、廊下をなくしてLDKを拡張することができます。

来客時の視線やプライベートスペースの確保など工夫すれば、暮らしやすさを犠牲にすることなく広いリビングを作れる間取りアイデアです。

 

・デッドスペースを活用する

小屋裏のデッドスペースをロフトに改造

戸建て住宅は天井や壁で隠れてしまうデッドスペースがたくさんあり、上手に活用することで床面積を増やすことが可能です。例えば天井裏空間をロフトや小屋裏収納として活用すれば、1~2階の収納スペースを減らして床面積を生み出せます。階段下をトイレや物置にするのも、定番のデッドスペース活用テクニック。

ほかにも壁厚を使った小物収納や天袋など、細かなデッドスペースの活用が広いリビングづくりにつながります。

 

・寝室と子供部屋を小さくする

必要最小限のコンパクトな寝室

主に就寝時しか使わない寝室や子供部屋をコンパクトにして、その分リビングを広げるのも一つの考え方です。

寝室にテレビを置かず寝るだけの部屋と割り切れば、ベッドと収納のコンパクトな部屋でも事足ります。広いリビングに共有デスクを設ければ勉強机を省略できるので、子供部屋もコンパクトで十分。

余裕があれば8~10畳の広い寝室も魅力的ですが、優先度を付けるならリビングに床面積を回した方が満足度は高くなるでしょう。

 

■まとめ:広々リビングで理想のライフスタイルを実現♪

実際の床面積以上に広く見える開放的なリビングは、毎日の暮らしを素敵に彩ってくれます。今回ご紹介したようにさまざまな工夫を盛り込み、家族みんなが快適に過ごせる理想のリビングを考えてみましょう。ここではご紹介しきれないたくさんの施工事例も掲載していますので、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

 

西海岸風の注文住宅

【注文住宅事例一覧】

 

千葉県で暮らしやすくおしゃれなマイホームを建てるなら、私たち君津住宅にぜひご相談ください。多くのマイホームづくりをお手伝いした経験をもとに、ライフスタイルにピッタリなマイホームプランをご提案いたします。分譲・規格住宅・注文住宅と幅広いラインナップで培った、コストパフォーマンスの良さも私たちの強みです。

 

君津住宅のラインナップ

【ラインナップ一覧】

 

千葉県内には程よい広さの「等身大のモデルハウス」も二カ所用意しております。実際のデザインや雰囲気をぜひ体験してみてください。オンライン相談もご用意していますので、家づくりに関するどんなご相談もお気軽にどうぞ。

 

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!