COLUMN
コラム

NEW

注文住宅

アーリーアメリカンの外観にするには?特徴や実例をたっぷりとご紹介

水色のカリフォルニアテイストの家

北米住宅の代表格である「アーリーアメリカンスタイル」。爽やかで、どこか素朴な風合いも感じるアーリーアメリカンの外観は、とってもオシャレ。

今回は、アーリーアメリカンスタイルがお好みの方に向けて、アーリーアメリカンの外観の特徴やメリット、おしゃれな住宅の実例集をご紹介します。

素敵な外観づくりの参考に、ぜひご一読ください。

 

 

■アーリーアメリカンとは?

水色のカリフォルニアテイストの家

「アーリーアメリカン」は、「17〜18世紀頃のイギリス植民地時代に流行した建築・インテリアのデザイン様式」のことで、別名で「コロニアル様式」などとも言います。当時、開拓真っ只中であったアメリカの懐かしい雰囲気や、ヨーロッパの味わいも感じることができるのが、アーリーアメリカンの特徴です。

アーリーアメリカンテイストの住宅やインテリアからは、”素朴な風合い”、”ナチュラル”、”レトロ”、”カントリー”、といった印象が感じられます。アーリーアメリカンスタイルは、今でもアメリカにおける代表的な住宅様式のひとつです。

 

■アーリーアメリカンの外観の特徴

アーリーアメリカンの外観

続いて、アーリーアメリカンの外観における、代表的な特徴を4つ紹介します。

 

・ラップサイディングの外壁

大きな特徴は、外観のメインとなる「ラップサイディング」の外壁。細長い板を一枚ずつ重ね合わせながら、丁寧に張り付けていくことで、美しいラップサイディングの外壁に仕上がります。

ラップサイディングは、板が重なり合っていて厚みのある外壁となるため、立体的なメリハリのある外観に見せることができます。シンプルなのに、どこかおしゃれで独特な風合いを感じるのが、ラップサイディングの魅力です。

 

・明るく爽やかな色づかい

アーリーアメリカンの外観には、ホワイト、水色、といった明るく爽やかな印象を与える色が取り入れられているのが特徴です。

外壁全体に使用するメインカラーと、窓枠等の付帯物に使用するカラーの2色でまとめられている場合が一般的です。素朴な風合いをより出したい場合は、ブラウンやグリーンといった自然を感じさせる色を取り入れるのもおすすめです。

 

・可愛らしいドーマー屋根

アーリーアメリカンの家には、「ドーマー」と呼ばれる、「2階の屋根裏部屋への採光を目的として、屋根の上部に設けられた小さな窓・屋根」があるのも特徴です。ドーマー屋根は、主にヨーロッパの建築によく見られる屋根の種類です。

屋根から突き出した小さなドーマー屋根は、外観に可愛らしさをプラスしてくれます。見た目のデザイン性だけではなく、屋根裏部分の日当たりを良くしたり、通気性を高めたりといったメリットもあります。

 

・大きなカバードポーチ

アーリーアメリカンの家には、大きなカバードポーチが付いているのも特徴のひとつ。

カバードポーチとは、「屋根に覆われたポーチやデッキ」のこと。アーリーアメリカンスタイルのほかに、カリフォルニアスタイルの住宅にも、カバードポーチは多く取り入れられています。

屋根で覆われたデッキでは、日差しを避けることができるため、快適に屋外の空間を楽しむことができます。

【関連コラム】注文住宅の外観の種類を知っておしゃれで自分好みの家を建てよう|千葉の注文住宅

 

■アーリーアメリカンの外観の魅力

アーリーアメリカンの外観ならではの魅力は、どんなところにあるのでしょうか。その最大の魅力を、3つのポイントにまとめてご紹介します。

 

・シンプルで派手すぎないおしゃれさ

アーリーアメリカンの住宅は、デザインや色づかいはシンプルなのに、他にはない独特な雰囲気のおしゃれな外観に見せることができる点が最大の魅力。

明るく優しい色合いが使われている一方で、ラップサイディングの陰影効果でさりげない存在感を出すことができるので、派手すぎないおしゃれさが実現できるのです。

色選びやデザインもシンプルなので、「デザインのセンスに自信がない」という方でも、誰でもおしゃれな外観に仕上げることができます。

 

・明るく風通しの良い空間が叶う

アーリーアメリカンスタイルの家は、ドーマー屋根が取り入れられる場合が多く、2階部分にも効率よく日差しを届けることができます。

また、ドーマー屋根の窓があることで風通しのよい空間づくりも叶うため、屋根裏をロフトにして寝室や子ども部屋にするなど、間取りのすべてを無駄なく有効活用することができます。

 

・家にいながら屋外空間が楽しめる

まるで一つ部屋が増えたような、そんな感覚になれる「大きなカバードポーチ」。屋根のあるテラスでは、外出しなくとも、家にいながら気軽に屋外空間を楽しむことができます。

たとえば、週末は家族でバーベキューを楽しんだり、ガーデニングを楽しんだり、自転車置き場にするなど、さまざまな活用の仕方ができます。

特にコロナ禍をきっかけに、家にいながらも開放感を感じられる家づくりが近頃は注目されているので、カバードポーチがある家は今の時代にもぴったりです。

【参考コラム】おしゃれな注文住宅の外観はモダンor海外から選ぶ|千葉のデザインハウス実例

 

■アーリーアメリカンの外観【実例集】

最後に、おしゃれなアーリーアメリカンの外観実例集をご紹介します。外観の屋根や窓のデザイン、色による印象の違いなどを見て、外観づくりの参考にしてみてくださいね。

 

・実例①

アーリーアメリカンスタイルの外観正面

アーリーアメリカンの要素をふんだんに取り入れた、レトロな風合いが漂う住まい。広々としたカバードポーチでは、家族で食事をしたりなど、ゆったりとした時間が過ごせそうです。

アーリーアメリカンスタイルの家の玄関

ウッドデッキや木製のドア、レンガなど、自然素材がたっぷり取り入れられていて、心落ち着く素朴な雰囲気を感じる、そんなお家です。

【この家の実例写真をもっと見てみる】

 

・実例②

ビルトインガレージの家

こちらは、アーリーアメリカンスタイルから、少しポップにアレンジした外観。外壁の鮮やかなブルーと、車のイエローが映える、可愛らしいお家です。

サーファースタイルの家のガレージにあるハーレダビットソン

アメリカの住まいには多く見られる、ビルトインガレージ付きです。ガレージと屋内が繋がっているため、車への乗り降りも楽チンなうえに、車やバイクを大切に保管できて、一石二鳥ですね。

【この家の実例写真をもっと見てみる】

 

・実例③

こちらは、グレー×ブラウンの落ち着いた色合いの外観。汚れが目立ちにくく、国内の住宅にも多く取り入れられているグレーの外壁は、周囲の外観に自然に馴染むのでおすすめ。家の前に並んで咲いている花々が、とってもおしゃれで可愛らしいですね。

 

■アーリーアメリカンの注文住宅は【君津住宅】へ

アーリーアメリカンスタイルの住まいを建てるなら、千葉県のハウスメーカー「君津住宅」にご相談ください。

地元密着ハウスメーカーだからできるきめ細かいサービスと幅広いラインナップで、お客様に合った理想の住まいづくりにお応えいたします。

木更津・鎌取の二か所には外観と間取りを体感できるモデルハウスもございますので、ぜひお気軽に活用ください。

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

オンライン相談もご用意しています。土地探し・資金計画をはじめ、家づくりのどんなこともお気軽にお声かけください。

WEBで家づくりのご相談も承っております。↓

WEBで家づくりの相談

 

 

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!