COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

間取り

30坪の家をおしゃれに魅せる間取りの工夫|千葉の注文住宅実例

さわやかなグリーンのリビング

3~4人家族で暮らすマイホームを考えるとき、30坪の広さは一つの基準になることが多いです。30坪だと余裕がなくおしゃれに仕上げるのは難しいと考える方も多いですが、間取りやデザインに工夫することで十分魅力的に見せることができます。

今回は30坪の家をおしゃれに仕上げるための取り組み方や間取りの工夫について解説します。

おすすめの間取り実例も写真付きで掲載しますので、マイホームづくりの参考にどうぞ。

 


目次
■30坪の家も工夫次第でおしゃれに♪
■30坪の家をおしゃれに魅せる間取りの工夫
■【実例】30坪の家におすすめの間取りアイデア


 

■30坪の家も工夫次第でおしゃれに♪

・30坪の家ってどれくらい?

よく「1坪は畳2枚分なので30坪は60畳の広さです」と言われますが、正直それだけでは分かりにくいですよね。まずは実際の間取り図で広さのイメージをつかんでみましょう。

30坪二階建ての間取り図

上の間取り図は30.59坪の3LDK二階建てです。各部屋の広さはしっかり確保しつつ、書斎やウォークインクローゼットなど流行の間取も採り入れています。和室に間仕切りを設ければ4LDKにも変化するので、お子さんが3人に増えても大丈夫♪

こちらはあくまで一例ですが、30坪前後のお住まいでも間取りにしっかり工夫すれば暮らしやすくおしゃれに仕上げることができます。限られた土地や床面積でもあきらめず、今回ご紹介する間取りアイデアやテクニックをマネしてみてください。

 

■30坪の家をおしゃれに魅せる間取りの工夫

 

・デッドスペースを有効活用する

石膏ボード仕上げの小屋裏収納

30坪という限られた床面積を有効活用しておしゃれに仕上げるには、デッドスペースを活用して居住空間を広くとることが大切です。

例えば屋根裏のデッドスペースを活用すれば大きな収納を作れるので、クローゼットをコンパクトにして居住空間を広く取れます。

ほかにも階段下をトイレや収納にしたり、ウォークスルー間取りなど通路と部屋を兼用したり、空間の有効活用をしてみましょう。

 

【関連コラム】⇒新築の小屋裏収納は子育てに大活躍♪千葉県の注文住宅実例

 

・廊下を減らす

廊下の少ない二階建ての間取り図

コンパクトなお住まいの場合、なるべく廊下を短くして床面積を節約するのも効果的なテクニックです。

上手に廊下を減らすと1坪(2畳)以上床面積が生まれるケースも少なくありません。1坪あればパントリーやウォークインクローゼットも作れちゃいます♪

ただ廊下をなくせば良いわけではありませんが、効率的な間取りづくりのアイデアとして覚えておいてください。

 

【関連コラム】⇒【平屋&二階建て】廊下がない家の間取り図でメリット・デメリットをチェック

 

・LDKの生活感が見えないように工夫

リビングからキッチンが見えない対面配置

30坪でおしゃれなLDKをつくるなら、リビングにキッチンやダイニングの生活感が見えないように工夫しましょう。

限られたスペース内でLDKの配置を考えると、どうしてもリビングとキッチンの位置が近くなりシンクやゴミ箱などの生活感が見えやすくなります。対面キッチンの場合はカウンターを少し高くしてシンクや手元を隠すなど、視線をコントロールしましょう。

 

・収納量を十分確保する

リビングの造作収納

おしゃれなマイホームを目指すなら、造り付けの収納もしっかり確保しましょう。収納が足りないと居住スペースにモノがあふれ、狭くて生活感が丸見えの家になってしまいます。

後で市販の収納キャビネットを置くとお部屋に凹凸ができてしまうので、あまりおすすめできません。最初の設計で十分な収納量を確保できれば、いつでもスッキリ片付いたおしゃれ空間をキープできます。

 

【関連コラム】⇒【間取り別】新築収納の考え方|千葉の収納ハウス実例から学ぶ

 

 

・開放感を演出する

ホワイト基調の開放感あるLDK

同じ床面積でもちょっとした工夫で開放感がアップして、広々としたおしゃれな空間に見せることができます。

 

□開放感アップの間取りアイデア
  • ・窓の位置に工夫して視線が外に抜けるようにする
  • ・リビング階段で次の間取りを意識させる
  • ・折り上げ天井や吹き抜けで天井を高くする
  • ・リビング床とフラットのウッドデッキで広く見せる
  • ・ホワイトやグレーの膨張色を使う

上記は、床面積を広げることなく開放感を演出するテクニックの一例です。天井やウッドデッキなどは少しコストがかかりますが、窓の配置や色のチョイスはコストをかけずに実践できるはず。狭いからとあきらめず、間取りの工夫で広く見せるように心がけてみてください。

 

・テイストを統一

一つのテイストに統一したLDK

お住まいの外観から内装まで一つのテイストでそろえると、グッと魅力的なマイホームになります。高級レストランや有名ホテルが素敵に見えるのは、入り口から廊下、お部屋まで一つの世界観でつくられているためです。

一般住宅も同じように、門扉から玄関、廊下やお部屋までテイストを統一するとおしゃれ度がアップします♪

 

■【実例】30坪の家におすすめの間取りアイデア

30坪の間取り図

 

・廊下兼ランドリースペース

ランドリースペースとして使える廊下

二階廊下の幅を少し拡張し、雨の日に洗濯物を室内干しできるランドリースペースとして兼用できる間取りアイデアです。

一部屋つくるより少ない面積で、使いやすいランドリースペースを確保できます。

 

【実例の詳細】⇒家族みんなで仲良く、楽しく、快適に住まう【間取り図有】

 

・勾配天井の開放的な寝室

勾配天井の開放的な寝室

二階の寝室や子供部屋は、屋根までの高い天井にすると開放感が大きくアップします。吹き抜けと違い床面積が減らないので、30坪の家でも採用しやすいアイデアです。

同じ床面積でもひろびろと過ごしやすいお部屋になるので、デスクを置いて在宅ワークスペースにするのもおすすめ。

 

【実例の詳細】⇒日々の暮らしをよりアクティブに「アーリーアメリカンスタイル」

 

・階段下の土間収納

階段下スペースの玄関土間収納

アウトドア用品やお子さんのおもちゃなど収納不足になりやすい玄関は、土間続きの収納があると便利です。

こちらのお住まいは階段下のデッドスペースを活用しているので、居住スペースを犠牲にせず収納力アップ♪

 

【実例の詳細】⇒木の温もりを大切に「可愛い南欧風スタイルの家」

 

・ルーフバルコニー

開放感のあるルーフバルコニー

屋根面に作るルーフバルコニーは、30坪の家でもひろびろとしたアウトドアリビングとして活用できる素敵な間取りアイデア♪

周りからの目線が気にならないため、家族の団らんやバーベキューなど、プライベートな時間を楽しめます。

天気が良い日はパソコンを持ち出し、気分を変えて青空ワークするのも良いですね。

 

【実例の詳細】⇒爽やかさ溢れる「ルーフバルコニー」のある家

 

・ショートカットによる回遊性の高い間取り

リビングから玄関のショートカットになる和室

リビング隣の和室を通って玄関へ抜けるショートカットを設けることで回遊性を高め、シーンに応じて最短ルートを選べる効率の良い間取りです。

 

和室から玄関に抜けるショートカット扉

行き止まりが無くなることで視覚的な広がり効果もあり、利便性・デザイン性ともに優秀なアイデアです。ドア一つでいろいろな場所が便利になるので、ぜひ活用してみて下さい。

 

【実例の詳細】⇒「ほっとする」リビングのあるお家

 

■まとめ:おしゃれなアイデアで30坪でも素敵なマイホームを♪

土地や予算の関係で住まいの広さが限られる場合も、アイデア次第で十分おしゃれ&暮らしやすいマイホームを建てることができます。ご家族の人数やライフスタイルに合わせた間取りづくりで、理想のマイホームを目指しましょう。

千葉県でマイホームをご検討の際は、地元密着ハウスメーカーの君津住宅にもご相談ください。さまざまなデザイン・間取りのご要望に、幅広いラインナップと培ってきたノウハウでお応えします。土地探し・資金計画・ライフスタイルなど、お住まいのどんなご相談もお任せください。

君津住宅のラインナップ

【ラインナップ一覧】

木更津・鎌取の二カ所に自社モデルハウスもございますので、住まいのイメージづくりにもご活用ください。

 

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!