COLUMN
コラム

NEW

注文住宅

間取り

令和のおしゃれな吹き抜けリビングの間取り|千葉県の注文住宅実例

対面キッチンのレイアウト

リビングと吹き抜けの組み合わせは、デザイナーズハウスなどでよく見るデザイン性の高い間取りです。

おうち時間が増えている令和時代の家づくりにおいて、吹き抜けリビングはとってもおすすめ♪

今回は実際に吹き抜けリビングを採用したおしゃれな注文住宅実例を見ながら、メリットやデメリット、おしゃれに仕上げるコツなどを解説します。

これから住まいづくりに取り組む方は、ぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■令和時代は吹き抜けリビングが人気?
■吹き抜けリビングのある注文住宅実例
■吹き抜けリビングのメリット
■吹き抜けリビングの気になるデメリットと対策
■吹き抜けリビングをおしゃれに仕上げる


 

■令和時代は吹き抜けリビングが人気?

大きな梁のある吹き抜けリビング

最近はリモートワークで自宅時間が増えたことにより、快適なリビングや個室を求める方が少なくありません。

中でも大きな開放感を得られる吹き抜けのリビングは、ライフスタイルの変化とともに人気が高まっている間取りです。

高い天井による圧倒的なひろびろ空間は、在宅ワークや家族での団らんにピッタリ♪

これから子育てでたくさんおうち時間を過ごす方にも、明るく開放的な吹き抜けリビングはおすすめです。

住まいの主役であるリビングを特別な空間に仕上げるなら、選択肢の一つとして吹き抜けとの組み合わせをぜひ検討してみてください。

 

■吹き抜けリビングのある注文住宅実例

実際の注文住宅の中から、おしゃれな吹き抜けリビングの間取りをピックアップしました。

それぞれ詳細ページにはお住まい全体の写真もありますので、気になるおうちはぜひチェックしてください♪

 

実例①

アメリカンスタイルの吹き抜けリビング

一つなぎの広いLDKのリビング部分だけ吹き抜けにして、気持ち良く過ごせる開放感を演出しました。

 

梁見せの吹き抜けリビング

高い窓から差し込む自然光は、実際の床面積以上の広さとさわやかな印象を感じさせてくれます。

 

吹き抜けのシーリングファン

階段からつながる二階通路は素敵なリビングを見下ろせる眺望ポイント。シーリングファンで空調効率もキープし、さりげなくおしゃれな空間に仕上げています。

 

キッチンから見た吹き抜けリビング

キッチン・ダイニングは通常の天井高で落ち着く雰囲気ながら、視線が抜けるので開放感もアップしています。お住まいのどこにいても家族を感じることができる、コミュニケーションLDKになりました。

 

【事例詳細】大人かわいいアメリカンスタイル&ビルトインガレージのある家

 

 

実例②

モダンスタイルの吹き抜けリビング

モノトーンにまとめたモダンスタイルのリビング全体を吹き抜けにし、自然光でホワイトの内装が映える空間になりました。

 

梁とダクトレール照明の組み合わせ

梁にダクトレール照明を組み合わせ、スポットライトでおしゃれなバーのような雰囲気も楽しめます♪

 

リビングから見えるビルトインガレージ

さらにビルトインガレージから愛車を眺められる秘密基地のような仕掛けも。まるで海外の映画に出てくるような、素敵なリビングになりました。

 

二階から見た吹き抜け

吹き抜けでつながる二階のお部屋も、たくさんの窓で明るく開放的な空間になっています。

 

 

【事例詳細】いつでも愛車を感じられる「ビルトインガレージ」のある住まい

 

 

■吹き抜けリビングのメリット

高い吹き抜けのリビング

・開放感のある部屋になる

吹き抜けの高い天井がもたらす開放感は、一般的な間取りでは得られない大きなメリットです。

ホテルのラウンジやおしゃれなカフェ・レストランなど、いつまでも居たくなる空間は天井が高いケースが多いですよね。自宅のリビングでも同じような気持ち良い空間を演出できるのが吹き抜けの魅力♪

 

・採光/彩風面で有利

高い位置に窓をつくれる吹き抜けは、自然光や風を採り入れやすく気持ち良い空間になるのも魅力的。

高窓は周囲の目線が気になりにくいので、カーテンなしで直接自然光が入るのもうれしいポイントです。

高さの違う窓を開けると自然換気が促しやすく、春や秋は気持ち良い空気を味わえます♪

 

・一階と二階でコミュニケーションを取れる

間取りによっては、吹き抜けでつながる上下階で直接コミュニケーションを取れるのも特徴です。

二階で遊んでいるお子さんの様子がリビングで分かると、直接見えなくても安心感がありますよね。

ごはんができたときやお風呂が沸いたときに、家族を呼びに行く手間も省けます。

 

■吹き抜けリビングの気になるデメリットと対策

広い吹き抜けリビング

間取りを考える際、吹き抜けリビングに対して不安に感じる方が多いポイントや良く聞くデメリット、対策をセットでまとめました。

 

・冬は寒くない?

吹き抜けリビングで昔から言われる「冬寒い」というデメリットについては、現代の住宅性能なら十分対策可能です。

最近の窓は断熱性能の高いペアガラスが標準仕様となっているため、窓面積の大きい吹き抜けでも影響は少なく抑えられます。

床・壁・天井全体の断熱性能が高ければ、広い空間でもエアコンやストーブがしっかり温めてくれます。

ただし断熱性能の低いハウスメーカーや工務店で建ててしまうと、寒い吹き抜けリビングになってしまう可能性も…。

吹き抜けをつくる際は、私たち施工店の断熱性能や省エネ対策などをチェックしてみてください。

 

【ENERGY SAVING:省エネ】

 

 

・夏場のエアコンの効きは大丈夫?

真夏の太陽で暖められた空気と直接つながるため、エアコンの効きが悪くなるのではという心配も多いです。

こちらのデメリットについても、冬場の寒さと同じように高気密・高断熱仕様で建てることで対策可能です。

高断熱と聞くと暑いイメージがあるかもしれません。実際はクーラーボックスの氷が溶けにくいのと同じ仕組みで、少ない電力で快適な室温をキープすることができます。

 

・耐震性は問題ない?

上下階をつないだ大きな吹き抜け空間をつくる場合、耐震性を心配する方も多いようです。大きな窓をつくることも多いため、壁の量が減るのも気になるポイント。

結論としては、日本の住宅は建築基準法によって耐震基準が定められているため、吹き抜けの家が地震に弱いということはありません。

耐震基準を満たせば絶対に倒壊しないというわけではありませんが、基準以下の家はそもそも建てられないので心配しなくても大丈夫です。

耐震性については基礎の構造や柱と梁の接合部などの方が大きく影響を受けます。私たちハウスメーカーの耐震性への取り組みをチェックしてみてください。

 

【DISASTER-PROOF:耐災害】

 

 

・窓掃除はどうするの?

吹き抜けの高い窓は、普段気軽にお掃除するのは難しいですよね。手で触れる場所ではありませんから内側の指紋や汚れはそれほど気になりませんが、外側の雨汚れは気になるポイントです。

対策としては防汚ガラスを使うのがおすすめです。防汚処理したガラスは汚れが付着しにくく雨で汚れが落ちやすくなっているため、きれいな状態をキープしやすいのが特徴。

外壁塗装や内装張り替えの際に足場を組んだとき、一緒に窓も掃除するようにしましょう。

 

・料理のニオイが広がりませんか?

吹き抜けで上下階がつながると、一階のキッチンから住まい全体にお料理のニオイが広がりやすくなるのは要対策ポイント。

香りが強いお料理や食材が多いご家庭では、二階でニオイが気になる可能性が高いです。

ニオイ対策としては、寝室やランドリールームなどニオイを付けたくないお部屋をしっかりゾーニングするのが効果的です。

独立キッチンや半個室レイアウトなど、お料理のニオイが広がりにくい間取りにするのもおすすめ。

 

・二階の床がなくなるとキツい?

リビングを吹き抜けにすると二階の床面積が減ってしまうのは、少しデメリットといえる部分です。

予算や土地の広さから吹き抜けが厳しそうなときは、全面吹き抜けではなく部分吹き抜けを検討するのがおすすめ。

リビングの一部を吹き抜けにするだけでも開放感や明るさをアップできますし、二階の床面積も確保できます。

上下階のバランスや予算なども考えながら、適切な吹き抜け面積を考えてみましょう。

 

■吹き抜けリビングをおしゃれに仕上げる

 

・梁見せ天井

梁見せ天井の吹き抜けリビング

大きな吹き抜けで梁が露出する場合、隠すのではなくおしゃれなアクセントとして活用するのがおすすめです。

化粧シートで好きなカラーを選んだり、照明を仕込んで高級感を出したり、邪魔なモノとして扱うのではなく有効活用してみましょう。

 

・リビング階段

吹き抜けとリビング階段の組み合わせ

リビングに直接階段を配置する間取りは、吹き抜けとの相性が良くおすすめの組み合わせです。

階段の存在感が吹き抜けの高さを強調してくれますし、上り下りの際に開放的なリビングの眺望を楽しめます♪

階段がただの通路ではなく、リビングのおしゃれなアクセントになるのも素敵です。

 

・窓の配置

吹き抜けの高窓

吹き抜けリビングの高窓は、お部屋の印象に大きな影響を与えます。スタイリッシュなモダンテイストなら縦横のスリット窓、明るい印象にするなら大きなスクエア窓など、イメージが変わってきます。

外観との兼ね合いもありますが、リビングからの見え方も考えながら窓の配置を形を選んでみましょう。

 

・照明プラン

吹き抜けのブラケットライト

高さのある吹き抜け空間は、照明器具のチョイスにこだわるとさらにおしゃれに仕上がります。

壁付けのブラケットライト、ダウンライト、ペンダントライトなど、吹き抜け空間は一般的なリビングより使える照明のバリエーションが豊富です。

ただ明るさを確保するだけでなく、ソファやテーブルの配置も計算しながら、明るさのメリハリを付けてみましょう。

 

■まとめ:吹き抜けを上手に活用して理想のリビングを♪

おしゃれで気持ち良いリビングを目指すなら、ぜひ検討したい吹き抜けの間取り。

いつまでも居たくなる開放的な空間は、おうち時間が増えている現代の家づくりにピッタリです♪

吹き抜けリビングの間取りを検討する際は、リーズナブルで自由な住まいづくりをご提案している君津住宅にもぜひご相談ください。

千葉県君津市を中心に、デザイン・性能・暮らしやすさにこだわった注文住宅づくりをお手伝いしています。

ここでご紹介した以外にもたくさんの施工事例を掲載していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

西海岸風の注文住宅

【注文住宅事例一覧】

 

千葉県内では、木更津モデルハウス、鎌取モデルハウスの二カ所で間取りやデザインを体感して頂けます。こちらもお気軽にご活用ください。

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分。

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!