COLUMN
コラム

NEW

平屋

注文住宅

間取り

日本でおしゃれなカリフォルニア風の家を建てるコツ|千葉のカリフォルニアハウス実例

西海岸のさわやかな雰囲気が特徴的なカリフォルニア風の住宅デザインは「サーファーズハウス」とも呼ばれ、海外テイストの中でも人気のひとつ。

パッと目を引く外観でありながら日本の街並みとの相性が良く、浮いた印象にならないのも人気の理由です。

今回はカリフォルニアテイストの家の特徴をチェックしながら、おしゃれに仕上げるコツを解説していきます。

千葉県で実際に建てたカリフォルニアハウス実例も記事の後半で紹介しますので、イメージづくりに活用して下さい♪

カリフォルニア風の家の特徴

 

ラップサイディング

ラップサイディングの外壁

細い横張りの板を重ねるラップサイディングは、カリフォルニアテイストをはじめアメリカンならではの外壁仕上げです。

凹凸模様による立体感や時間帯によって変わる見え方など、シンプルながら満足度の高い仕上がりが期待できます。

おしゃれなデザインですが主張しすぎず、日本の街並みにも自然になじむ点もgood♪

 

カバードポーチ&ウッドデッキ

カバードポーチの外観

玄関からつながる大きなカバードポーチとウッドデッキの組み合わせは、カリフォルニアスタイルの外観を作る大きな特徴の一つ。

大きなポーチは雨の日の出入り時に便利ですし、ウッドデッキはお昼寝やティータイムなどアウトドアリビングとして使えます。

お庭とリビングの中間に位置し、バーベキューやお子さんの遊び場といったアクティビティスペースとしても活躍してくれます。

 

金網フェンスや芝生の外構

金網フェンスと芝生の外構

アメリカの映画に出てきそうな本格的カリフォルニアハウスを目指すなら、金網フェンスや芝生など外構にもこだわりたいところです。

お庭と外構部分にレトロ感とナチュラルな雰囲気を持たせると外観全体がより素敵に仕上がります。

 

ナチュラルビンテージの内装

カリフォルニア風のリビング内装

カリフォルニアスタイルの内装は木目を活かしたナチュラルスタイルに、カラーや窓の配置でさわやかなイメージを演出するのが基本。

シンプルなホワイトをベースに、ブルーやブラウンなどのアクセントカラーをバランス良く使うとおしゃれです♪

 

おしゃれなカリフォルニア風の家を建てるコツ

 

現代的な仕上げや建材を避ける

レトロ感のあるダイニングキッチン

自然との調和を大切にするカリフォルニア風の家を目指すなら、内装・外観ともに現代的なデザインを避けビンテージ感を大切にしましょう。

内装はナチュラルな木目とシンプルなデザインをベースに、レトロ感のある雰囲気に仕上げるのが基本です。建具や収納の扉も塗りつぶしカラーより、木目調の方がよりビンテージ感のあるお部屋になります。

外観もなるべくアルミや樹脂など現代的な建材を避け、アイアンや板塀のフェンス、枕木やレンガなどを選ぶのがおすすめ。

 

 

家具や雑貨までトータルコーディネート

ソファやテーブルもコーディネートした海外風のリビング

レベルの高いカリフォルニアテイストの家を目指すなら、ソファやカーテンなどのインテリアアイテムまでトータルコーディネートしましょう。

海外テイストは特に、内装とインテリアの世界観を統一することで完成度が高まります。間取りや各部のデザインを決めるのと並行して、インテリアも同時に選びましょう。

 

 

外構やシンボルツリーまでこだわる

ヤシの木がおしゃれな西海岸風の外構

外観も内装と同じようにトータルコーディネートすることで、グッと魅力的なカリフォルニアハウスに仕上がります。

建物の外壁屋根はもちろん、玄関アプローチ・駐車場・門扉・フェンス・シンボルツリーなど細かい部分まで統一してみてください。ヤシの木やグリーンの芝生など、西海岸の外観デザインを上手に採り入れましょう。

建物が完成してから外構を工事する場合も、大まかなデザインだけは同時に考えておくのがおすすめです。

 

ブルーやホワイトでさわやかに仕上げる

カリフォルニア風の寝室

カリフォルニアスタイルのさわやかなイメージは、ホワイトやブルーの使い方で演出します。

反射率が高いホワイトの壁は太陽光をさらに明るく見せてくれるため、リビング・寝室にピッタリ♪アクセントに薄いブルーを使うと、海を連想させるさわやかなお部屋になります。

ラップサイディングの外壁はシンプルなホワイト・さわやかなパステルブルーが主流です。明るいカラーはラップサイディングの陰影が目立ち、立体感のある仕上がりになるのもメリット♪

 

開放感のあるLDKをつくる

ホワイト基調の開放感があるLDK

住まいの主役であるLDKをひろびろとした印象に仕上げると、グッと本物のカリフォルニアハウスに近づきます。

昨今主流の一つなぎLDKで床面積を広げつつ、開放感をプラスする間取りの工夫を盛り込みましょう。

ソファやキッチンの正面に窓を配置すれば、視線が抜けて実際の床面積以上の開放感を得られます。リビング階段の間取りで行き止まり感を無くすのも、広く見せるのに効果的♪

 

実際に床面積を広げなくても開放感を演出することは可能です。詳しくは下記のコラムもご覧ください。

◆関連コラム◆⇒新築の広いリビング間取りアイデア実例集|千葉のおしゃれ注文住宅

 

自然光をたくさん取りこむ

廊下の無い広いリビング

さわやかなカリフォルニアテイストのお部屋は、たっぷり自然光を採り入れるとさらに魅力的に輝きます♪窓のサイズや高さにこだわって明るいお部屋作りを心がけてみましょう。

ただ大きな窓を作るだけでなく、外部の目線を遮ってカーテンを開けられるようにするのも一つのテクニック。

窓配置はお部屋の快適性やデザイン、外観の仕上がりにも影響するので、しっかりこだわってみてください。

 

◆関連コラム◆⇒おしゃれなリビングは窓の配置でつくる|千葉の注文住宅実例集

 

十分な収納を作る

せっかくおしゃれに仕上げたカリフォルニア風の内装も、モノであふれてしまっては意味がありません。素敵なデザインをキープするためには、しっかり収納を作って整理整頓を続けられるようにしましょう。

市販のキャビネットで収納不足を解消するのも一つの手ですが、お部屋に凹凸が生まれて設計時の雰囲気や開放感が損なわれてしまいます。なるべく造り付けの収納をしっかり作り、建物側で収納不足を防ぐのが基本です。

 

◆関連コラム◆⇒【間取り別】新築収納の考え方|千葉の収納ハウス実例から学ぶ

 

千葉のカリフォルニアハウス実例

 

カリフォルニアスタイルの外観

ブルーのラップサイディングにカバードポーチと基本を抑えた外観に、デザイン・実用面ともに優秀なビルトインガレージをプラス。

 

カリフォルニアスタイルのビルトインガレージ

玄関と別の動線を設けることで乗り降りや荷物の出し入れをしやすく、愛車のメンテンナンスもできる素敵な間取りです♪

 

大きな吹き抜けのLDK

LDKは大きな吹き抜けで開放感を演出しつつ、ビンテージ感のある本格的カリフォルニアスタイルに。

 

金網フェンスのおしゃれな外構

ワンちゃんが遊べるお庭への出入り口は金網フェンスにするなど、細かな部分までしっかりこだわっています。

 

【実例の詳細】⇒大人かわいいアメリカンスタイル&ビルトインガレージのある家

 

まとめ

カリフォルニアスタイルのお家は、細かい部分にこだわることで完成度が高まり、より魅力的なマイホームになります。

車やサーフィンが好きな方、アメリカ映画に出てきそうなデザインが好きな方は、ぜひカリフォルニア風のデザインを検討してみてください。

理想の住宅デザインで、素敵なおうち時間を過ごしましょう♪

 

千葉県でカリフォルニア風のマイホームをご検討の際は君津住宅にご相談ください。

本格アメリカンテイストの国産住宅をラインナップし、輸入住宅よりお手軽&リーズナブルに理想のデザインをご提案いたします。

君津住宅のラインナップ

【ラインナップ一覧】

 

鎌取モデルハウスではラップサイディング・カバードポーチの本格的な外観、内装間取りもご覧いただけます。ぜひお気軽にご来場くださいませ。

【鎌取モデルハウス】

住所 : 千葉県千葉市緑区鎌取町54-1他
電話 : 043-291-1500
アクセス : JR「鎌取駅」より徒歩6分

【木更津モデルハウス】

住所 : 千葉県木更津市貝淵3-13-49
電話 : 0438-20-3771
アクセス : JR「木更津」駅より徒歩22分。館山自動車道「木更津南IC」より約6分

 

このコラムを読んだ方におすすめ


カッコいいアメリカ風の家を日本で建てる|千葉県のおしゃれ注文住宅実例

 

SNSで投稿をシェア

Share Tweet

いいね!して最新記事を
チェックしよう!